ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

目次と説明

活動終了のお知らせ




目次

■淫魔とか出てくる短編小説
変態大図書館あるいは自慰専用巨大風俗店(オナニーがメインです)

淫魔に全身を舐め回されて(キス 乳首舐め フェラチオ)
前編 / 後編
淫魔でナースな幼馴染(媚薬、ナース、アナル責め)
前編 / 中編 / 後編
覗きのお仕置き、魔性の水泳部(覗き、アナル、去勢・半女体化、3人称)
前編 / 後編

■淫魔とか出て来ない短編小説
邂逅、それから(スパンキング、前立腺責め)
前編 / 中編 / 後編
恋人は巨根のふたなり(ふたなり、男が犯される側)
前編 / 中編 / 後編1 / 後編2

■催眠術とか掛けられる短編小説
後輩マネージャーの催眠術(年下の女の子、包茎化、寸止め)
前編 / 中編 / 後編
お姉さんに催眠術を掛けられて雌化(逆アナル 前立腺 メス化)
前編 / 中編 / 後編

■モンスター娘を題材にした小説
布団に化けたミミック娘に絞り取られる話
前編 / 後編
淫靡な試練(スライム娘に寄生される淫魔ハンター)
10(完結)
触手娘に突然襲われる(逆アナル 男が触手に口を犯される)
前編 / 後編
スライム娘にアナルを犯される(逆アナル 前立腺 手・オナホコキ)
前編 / 後編
スライム娘飼育記録(M要素薄め、1人称)
10前10後1112前12後最終前最終後

■長編小説
奴隷は二人、包茎と美少女(S女、M女、M男の3Pもの(?))



包茎再教育『マゾの刻印』(包茎男子が女子だけのクラスに編入させられ、虐められる小説)
101112131415
16171819202122/※22以降分岐しています。
 ▼松丸知奈ルート
 101112131415
 161718192021222324252627
 282930313233343536373839
 4041424344
 ▼戸倉真里ルート
 
 ▼高津芽衣ルート
 
 ▼宮久保若菜ルート
 
 ▼荒谷悠ルート
 
 ▼貝塚文子ルート
 1011
 ▼メス化ルート
 B1B2
 ★おまけ
 EX1EX2EX3
 EX5 A
 EX5 B
 炬燵、包茎、美少女
 包茎ゆえの恋路
 透き通る程に澄んだ柔肌と声音
 ミニスカサンタの 前編後編
 後輩の誘惑 前編後編


SM的スポーツジム(スポーツウェアの女の子に責められる話です)
10111213(エロ無し注意)/完結

闇とシコシコr(同名の旧作を改稿したものです)
10111213141516/完
闇とシコシコ#読みきりパンツコキ(顔面騎乗 パンツコキ)

■一記事読みきり短編小説
全裸ウェイターの若者(CFNM 寝取られ M男の目線ではなく第三者目線)
スライム娘にプールで犯される(スライム 前立腺 微ホラー?)
自分より背の高い年下の子(背の高い女の子 逆ナン 膝で股間をぐりぐり)
制服に化けたミミック娘に犯される(物体に擬態した美女 本番描写あり)

 長くなって来たので分割しています。
 上記以外は『目次その2』にて。

★DL販売始めました
販売小説一覧(試し読みできます)
その1その2その3その4その5その6その7その8
ジャンル別
 学園物、学生ヒロイン
 淫魔、モンスター娘
 ファンタジー
 ふたなり
 その他

★ブラウザ視聴に関して

販売先サイト
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

★販売中の作品の番外編など
嗜虐の魔法少女シリーズ番外編
射精解禁日  前編後編

●DL販売に関するブログ
 新作情報の自動投稿の他、時々雑記。FC2ブログが閲覧出来ない時などのアナウンスもこちらにて行う予定です。

★その他、雑記や、変わったテーマの小説や、それ以外の文章など

2015/06(休止です)
2015/05(プライベートとか、どうでも良いことばかり)
2015/04(振り返って、色々と)
2015/03(反省とお知らせ)
2015/02(管理人の雑記など)
一年が経過しました(管理人の雑記)

淫語・言葉責めコレクション(女の子の台詞だけで構成された話)




当ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
下記のバナーを右クリックで保存してお使いください。

120×60サイズ

200×40サイズ


ランキングに参加しています。









当ブログに掲載している小説の一部は「小説家になろう」「Pixiv」「novelist.jp」「暁」にも掲載しています。





PageTop

目次 その2

目次 その2です。

■淫魔に搾り取られる小説
包茎にされたい
前編 / 後編
淫魔の呪い(逆アナル多め 複数人から性的にいじめられる)
前編 / 後編
ギャル風淫魔にいじめられる包茎(包茎 童貞 ギャル レズ)
前編 / 中編 / 後編
水泳部のお仕置き(『覗きのお仕置き、魔性の水泳部』の前身です)
前編 / 中編 / 後編
怒りのペロペロ(唾液、媚薬、男がお仕置きされる系 3人称)
前編 / 後編
包茎男子と淫魔(包茎、良い匂いの女の子、エロ成分少なめ)
前編 / 後編
淫魔様の家畜(調教済みM男、包茎、射精管理)
前編 / 中編 / 後編

■一記事読みきり短編小説
脈絡もなく淫魔に襲われる話(逆アナル 前立腺 半女体化)
露出狂に遭遇した淫魔(おっさん 女体化 淫魔)

■ふたなり×M男をテーマにした小説
ふたなりM性感(フェラ アナルセックス 敬語)
前編 / 後編
ふたなりの後輩に犯される男(兜合わせ フェラ アナルセックス)
前編 / 中編 / 後編

■美少女ヒーローをテーマにした小説
プリティハンター!(女の子3人、調教、実験作)
前編 / 後編

■ジャンル未定
お菓子にされる生殖器(怒りのペロペロのリメイク 淫魔設定なし 乳首、玉舐め、フェラ 男根、精液をお菓子扱いなど)
前編 / 後編

闇とシコシコ(純愛コメディ、女の子に自慰を見せたり、一緒にしたり系)
※改稿版があるので、基本的にはそちらをどうぞ。
10【エロ無し注意】111213最終話

■体験談風M男小説
足コキいじめ、他(短編集)
全裸で散歩させられた

目次と説明(TOP記事)に戻る





PageTop

生存報告

一ヶ月更新しないと自動的に広告が表示されてしまうので、その対策も兼ねて。
暗中模索の日々です。





PageTop

【追記あり】活動終了のお知らせ

追記 2019/05/06

報告が遅れてしまい、すみませんでした。
みなさんからいただいたコメントを受けて、ブログは残しておくことにします。

実は、物凄く未練が残っており僕自身の気持ちに区切りを付ける為だけに削除を考えていたのですが、このブログを続けて来られたのは、コメントや拍手をくださったみなさんのおかげでもあると考え、私情で消してしまうのは間違いかなと思い至りました。

この辺は有償の作品はお金をいただいているので、再DL等を考慮してそもそも消すという選択肢自体がなかったのと一緒です。
お金であれ、時間であれ、僕の作品に使っていただいたことには間違いありませんので。

僕自身の心情に関しては、未練が断ち切れない以上、何時の日にか、と考えを改めることにしました。

ブログの記事に載せた内容では、自身の執筆技術や、評価や販売数等が上がらないことだけを問題としていましたが、活動終了を決めた理由には、私生活上の問題も多く含まれています。
故に、活動再開の時期をお伝えすることは出来ません。そもそも永遠に不可能かも知れません。
まあ、水面下では足掻き続けるので、どこかでその痕跡を目にしてしまったら、そっと知らぬ顔をしておいてください。

ブログに関しては以上です。



コメントについては、全て読ませていただきました。
ありがとうございます。

恐らく、全てに一つずつお返事をさせていただいた方が感謝の気持ちは伝えられるのでしょうが、如何せん臆病なもので。
嬉々としてお返事をする僕の態度に引退詐欺のように思われる方もいるでしょうし、個人的に仲を深めたくてコメントした、という方はいないでしょうし、とあれこれ考えてしまって、感謝の意を伝えるのであればやはり作品を出すしかないよなあ、と思うのです。

そもそもとして、作品に込めた「こういうプレイ・状況・女の子、良いよね?」という僕から発信した内容が伝わっていれば良いのです。それだけで交流は完成しているんじゃないかな、と。
こうした考えた方をしている以上、拍手やコメントが少ないのは、僕の人格に問題があるのを自覚している訳で、その辺りはおきになさらず。

それと一つだけ、こちらに記載して届くかは分かりませんし、ひょっとしたら単なる回線などの不具合かも知れませんが、DLsiteへのリンクが一日に800回以上押されていることがありまして。
あの、もしも応援の意味でしたら、気持ちは充分伝わりましたので。
因みに、DLsiteへのリンクは全てアフィリエイトになっているのですが、クリックで報酬が発生するタイプではないのです。すみません。


では、いつかまた。





記事の題名通りです。
暖簾に腕押しする日々に疲れました。
もちろん書く事自体は楽しいのですが、それだけではね。

ということで明日中にはブログを削除します。
主だったものは、ノクターンノベルズ や pixiv にも掲載していますので、万が一読み直したい方がいればそちらをどうぞ。
続きものに関しては未完となってしまいました、すみません。

では、今までありがとうございました。





PageTop

『逃れ得ぬ寝取られ』紹介・解説、あとがき

・はじめに
 逃れ得ぬ寝取られをご購入いただいた皆さん、ありがとうございました。

作品の紹介・解説(ネタバレあり)
あとがき
 ※クリックでそれぞれ移動します。


















・未読の方へ向けた細かな作品紹介
 この文章にはネタバレが含まれています。
 
 逃れ得ぬ寝取られ、には、主人公とヒロイン、二人は夫婦なのですが、この二人以外に登場人物はおりません。
 でも寝取られ物なのです。
 間男、と呼ぶのも正しくないのですが、便宜上そう呼ぶことになる、主人公を差し置いてヒロインとエッチする人物ですが、これが過去の主人公なのです。
 本作の肝を言ってしまうと、いわゆるタイムスリップものでして、そもそも主人公自体が、過去に未来(作中の現代)を訪れており、その際の記憶ありきでヒロインである妻と結ばれた、という前提があるのです。
 妻を過去の自分に抱かせなければ、この前提が崩れる為に主人公は過去の自分に妻を抱かせることになるのです。
 もちろん、嫌がりながらも興奮しつつ、です。
 というのが大まかな本作の流れでして、主人公と間男は同一人物であるというのが、僕が仕掛けた不快感を軽減するための策であります。
 普通の寝取られ物なら寄りを戻したところで純粋なハッピーエンドにはならない(この辺はそれぞれの感性によって異なると思いますが、僕はそう)ところを、どうにかこうにかハッピーエンドにしようとした結果でもあります。

 以上、ネタバレを読んでから中身を読もうという方への解説でした。



・あとがき

 本来僕は、寝取られ物は嫌いなんです。間男にイライラして抜くどころじゃなくなるので。
 ただ、このイライラを何とか抑えてしまえばとても良く抜ける、興奮するシチュエーションでもあるのです。
 SM用語でいうところのエゴマゾの究極系みたいな願望ですね。不快感のある部分は削ぎ落とし、興奮する部分だけを愉しみたい、という。
 その願望を形にしてみました。

 実際のところ、寝取られ物の魅力は些か損なわれている気もしますが、本作ぐらいの案配で書かなければ、自分は興奮しないけど書く、だとか、むしろ読者に不快感を抱かせてやろう、などといった精神状態でなければ書けないと思うのです。
 そうまで寝取られが不快なら、書く必要はないのかも知れませんが、前述の通り、不快な要素を捨ててしまえば、とっても魅力を感じていまして。

 実はこの寝取られに魅力を感じてしまう心理に関しても、結構な昔からずっと悩んでいたんです。
 マゾ好みのシチュエーションの到達点であるとも思えたりして、でもバッドエンドなんて現実世界に幾らでも転がっているのに、創作の中でまでやる必要があるのか、と物語を書く人間としてはそう思ったりしました。

 一人の男としても、寝取られという性的嗜好は手放しで受け入れて良いものではない、という忌避感がありました。
 一時の僕は、寝取られに興奮する事実を受け入れられず、僕が特別に変態なのではない、寝取られは一般的な嗜好なのだ、と自分に言い聞かせていました。

 もっとも普及しているエロの媒体はアダルトビデオである。アダルトビデオは好みの女優が自分以外の男(男優)とセックスする姿を見て愉しむものだ。ほれみろ、これこそまさに寝取られ! 寝取られは広く受け入れられているのだ!
 などと言ってみたり、ちんぽ大好きフロイト先生の、母を父に奪われるという幼児期の体験が云々という話から、誰もが一度は愛した異性を奪われているのだ、だから寝取られに興奮するのは普通、と思い込んでみたりもしました。

 類人猿にも寝取られに対する興奮があるのではないかと、チンパンジーやボノボの生態も調べてみました。チンパンジーは人間の基準で行動を考察すると、とんでもなく邪悪ということしか分かりませんでした。
 猿でも興奮するのだから、僕が興奮するのもおかしくない、と安心したかったのですがね、駄目でしたね。

 まあ、結局のところ、寝取られに興奮するのはやっぱり変態だと思う、というのが現在の僕が持つ考えです。

 接し方はおかしいものの、とにかく寝取られは僕の心と金玉をがっしり掴んでいた訳です。
 M男向けの話を書いている以上、寝取られ物も書いておきたい、とも思っていましたし。
 避けては通れぬ道でありました。
 まさに逃れ得ぬ寝取られ、なのです。僕にとっては作る対象として逃れ得ぬもの、作中の登場人物にとっては過去が変わるのを避ける為に逃れ得ぬもの、という訳です。

 ああ、それからもう一つ、結局、寝取られに対して精神がどんな反応を示して、興奮へ至るのか、ということも考えてました。
 作中ではそうした心理を描きませんでしたが、寝取られの本質は、男性生の否定による精神的去勢、だと思うのです。被虐的な興奮ですね。
 ではこの辺で。
 愉しんでいただけた方にも、そうでない方にも読了感謝!





PageTop