FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

全裸で散歩させられた


 あるSNSで知り合った女性と、実際に会う事になった。
 そこへ至るまでには、長いコミュニケーションを重ねて、強引に手を出したりしない事を理解して貰った。
 俺は彼女とセックスをする訳ではない。
 一方的に恥ずかしい目に合わせて貰うのだ。
 
 夜、待ち合わせ場所へと向かう。
 写真の交換も済ませていたので、おそらくすぐに見つけられるだろう。
 そう思い、辺りを見回していると、声を掛けられた。

「○○○さんですよね?」

 俺のハンドルネームだ。
 振り返ると、写真と同じ整った顔立ちの若い女性が立っていた。
 
「は、はい。……○○○です。××ちゃん?」

 彼女ははにかんで頷いた。
 この時点で、俺のペニスは最高潮まで勃起してしまっていた。
 彼女の写真を見つめて、被虐的な妄想に浸り、何度ペニスを扱いた事か。
 
「すぐに行きます? それともどこかで休憩してからにしますか?」

 問いかけに、俺はすぐに、と鼻息を荒くして答えた。
 ふふ、と小さく笑った彼女が、手を伸ばす。
 股間の膨らみをそっと撫でられた。
 
「本当に変態ですね」

 周囲に聴こえぬ様に、彼女は小さく俺を罵った。
 苦笑しながらもその言葉は否定出来るはずがなかった。
 


 俺達は待ち合わせ場所からそう遠くない、公園と向かった。
 ここは彼女の地元である。夜になるとほとんど人が来る事はないのだと言う。
 俺は早速物陰に隠れて服を全て脱いだ。
 全裸にサンダルだけの格好になると、興奮で目の前が真っ白になりそうだった。
 あの子の前で、全裸を、ペニスを、これから晒すのだ。
 初対面の女性に、しかも相手は服を着たままだ。
 一方的に全裸になる被虐的な状況にペニスの先からはすでに我慢汁が滴っている。

「お、お待たせしました……」

 そう言って俺は手で股間を隠した状態で、彼女の下へ戻った。
 ベンチに掛けていた彼女が立ち上がり、近付いてきた。
 
「隠してちゃ意味ないですよ」

 股間へ伸ばした腕を掴まれて、強引に動かされる。
 俺としても彼女の前で露出するのが目的なので、そこまで必死ではない。
 それでも無理やりペニスを露にさせられる様なやり取りに、たまらなく興奮してしまう。
 上を向いた男根が彼女の前に晒される。
 
「まだ見られただけなのに、濡れちゃってますよ?」

 彼女に指摘されて、俺はますます興奮してしまう。
 ビクビクと脈打つペニスに小動物用の首が掛けられた。
 露出散歩のシチュエーションは、事前に彼女と打ち合わせていた。
 小さな首輪をペニスに嵌められて、リードで引かれながら歩く事になっている。
 細い指が時折男根に触れてしまうのが、たまらなく心地良かった。
 
「はい、出来ました。これで○○○さんのおちんちんは、私のペットです」

 そんな言葉に俺は今すぐ肉棒を扱き上げて、思いの丈を吐き出してしまいたい衝動に駆られるが、ぐっと堪える。
 予定外の行動は絶対にしないと約束していた。
 
「はぁ……はぁ……はい、俺のおちんちんは、××ちゃんに飼われるペットです……」

 性器をペット扱いされる被虐的な悦びが身体を貫き、ビクビクと痙攣してしまう。
 俺の気を知ってか知らずか、彼女がリードをぐいっと引っ張る。
 
「ほら、早く行きましょうよ」

 そう言って笑う彼女は、こんな変態を相手にする様にはとても見えない程、美人だ。
 俺達はしばらく言葉を交わさずに歩いた。
 遠くで車が走る音がする以外は、俺の呼吸ばかりが響いている。
 首輪に圧迫されたペニスが時折引っ張られるのが堪らなかった。
 男根をビクビクと脈打たせながら、俺達は公園を一周し、元居た地点へ戻って来た。
 
「ずーっとおちんちん、震えてましたよね? 出したくて仕方ないんじゃないですか?」

 悪戯っぽく笑う彼女に見蕩れ、俺は一瞬返事に遅れてしまった。
 慌てて出したいと懇願すると、笑われてしまった。
 
「ちゃんと約束は守ってくださいね」

 そう言って、彼女がベンチに掛ける。
 靴を脱ぎ、薄い生地の靴下に包まれた足を露にさせた。
 俺はその場で跪き、ペニスを握った。
 顎を上げて、彼女の顔を見る。
 口元に僅かな笑みを浮かべて、彼女は脚を上げた。
 触れてはいけないし、彼女も触ってはくれない。
 
「はぁ、はぁ……ああ……」

 俺は彼女の脚に顔を寄せて、息を荒くさせてペニスを自らの手で扱く。
 
「ふふふ、恥ずかしくないんですか? こんな所でオナニーするなんて」

 彼女の言葉に、背筋がゾクゾクと震えた。
 もっと罵られたい、惨めな快楽を味わいたい。
 そんな衝動に駆られるまま、俺は気持ち良いと、間抜けな表情を浮かべた。
 
「変態……。でも、分かってますよね? 今、○○○さんのおちんちんは……」

「×、××ちゃんのペット、です……」

 ぐい、とリードを引かれる。
 この動きがあった時には、ペニスを扱く手を止めなくてはいけない。
 快楽を中断されて、もどかしさで一杯になる。
 
「おっ、おちんちん、シコシコさせてください……!」

「どうしようかなぁ……」

 ペニスは快感を求めて、ビクビクと痙攣している。
 鼻腔をくすぐる蒸れた香りに発情させられて、肉欲はどんどん湧き上がってくる。

「じゃあ、こうしましょう。おちんちんは駄目だけど、乳首なら良いですよ?」

 嗜虐的な笑みを浮かべて、彼女が目を細める。
 俺はありがとうございます、と頭を下げて、胸元に手をやった。
 
「くす……。○○○さん、おちんちんを私に取られちゃって、乳首でオナニーしてる」

 嘲笑交じりの言葉が、身体を火照らせる。
 
「あああっ、ああ……気持ち良い……××ちゃん……はぁ、はぁ……!」

 乳首の快楽に酔い痴れる俺に、彼女がリードを使って責める。
 ぐいっ、ぐい。断続的にペニスを引っ張れる。
 その屈辱的な状況が、彼女の愉しげな表情が、俺を快楽の果てへと追いやっていく。
 
「あああっ、も、もう……ご、ごめんなさい、で、出る……!」

 胸に感じるジンジンとした疼きと、乱暴に揺らされるペニスへの刺激が混ざり合う。
 俺は嬌声上げて、身体を仰け反らせた。
 ぶびゅるっ、びゅるる!!
 大量の精液がリードに引っ張られるペニスから、噴き上がった。
 しばらく続いた射精を、彼女は愉しそうに眺めていた。
 
「……気持ち良かったですか?」

「は、はい……ありがとうございます……」

 俺は荒い呼吸を整えて、服を着た。
 帰りは彼女を駅まで送っていった。
 それから、公園での光景を思い出して、俺はオナニーに耽るのだった。
 
おわり

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

体験談風M男小説1



一つずつは、とても短いので記事内にリンクを張っています。
(下へスクロールしても、全文読めます)
■足コキいじめ
■従姉に剥かれる包茎
■サディストだった元カノの話



■足コキいじめ

 女の子にいじめられた体験です。
 いわゆるリア充の女子に、更衣室で全裸にされました。
 
 多少の抵抗はしましたが、複数人とは言え、相手は女子。
 怪我でもさせたら、俺が悪者になると思って、本気は出せなかった。
 俺の貧相な身体を見て、「キモイ」と口を揃えていましたが、視線はペニスに集中していました。
 誰かが、「こいつドMじゃん」と言いました。
 俺が裸にされて興奮している事に気付かれました。
 
 そうなると、彼女達は射精させようと言い出しました。
 屈辱的な状況であるものの、童貞の俺は、女の子にちんぽを弄ってもらえると思い興奮してしまいました。
 女子はキャッキャッと騒ぎながら、誰がやるかを押し付けあっています。
 俺はその間、全裸のまま座って待ちました。
 
 やがて3人の女子が俺のペニスを脚で踏む事に決まった様です。
 M字に足を広げる様に強要され、俺は顔を真っ赤にしてそれに従いました。
 その中心で硬く勃起したペニスを、3本の脚が踏みます。
 すりすり擦られたり、軽く蹴られたり、ぐりぐり踏み潰されたりしました。
 
 複数の女子に恥ずかしい姿にされて、惨めな思いはありました。
 でも、それ以上に脚で弄られるのが気持ち良かったのです。
 オナニーの時とは比べ物にならない早さで、俺はイッてしまいました。
 当然、ペニスを踏んでいた女子の靴下に掛かってしまいます。
 物凄く怒られましたが、もういらないと脱ぎ捨てた靴下を拾う事が出来て、良かったです。
 

 
記事先頭へ戻る


■従姉に剥かれる包茎

 大分昔の事だ。
 従姉とお風呂に入った時、包茎を剥かれた。
 その当時は、まだ自分で剥いた事もなかった。
 初めて味わう、亀頭を露出する感覚。
 痛い様な、気持ち良い様な、どちらとも言えなかった。
 若干怖い思いもあったが、同級生よりもずっと女らしい身体をしている従姉に、発情していた。
 剥かれたばかりのペニスはギンギンに勃起していた。
「綺麗にしなくちゃ駄目だよ」
 などと言いながら、従姉が泡まみれの手を伸ばしてきた。
 今思えば、性に興味が沸いて来る年頃だったし、ただ触りたかっただけだろう。
 従姉の指が亀頭を優しく撫でる。
 俺は腰をガクガクさせて、初めての性感に耐えた。
 それでもあっと言う間に射精を迎えてしまった。
 従姉の手の中でびゅるびゅると精液を吐き出すペニス。
「わっ、出た」
 従姉がそう声を上げた。
 
 それ以来、従姉と卑猥な経験をした記憶はない。
 こんな精通を味わった俺が、普通の性癖に育つわけも無く、今では立派なドMだ。
 


記事先頭へ戻る
 

■サディストだった元カノの話

 タイトルの通り、元カノは極度のサディストだった。
 最初のセックスから、普通ではなかった。
「怖いから、●●の手足を縛っても良い?」
 聞くと、自分が主導権を握っていないと不安だと言う。
 猫を被っていた時の元カノは、男の人が怖いなどと言っていたんだ。
 それに騙されていた俺は、少し違和を感じつつも、従ってしまった。
 
 処女だったにも関わらず、元カノは俺をいやらしく責めた。
 乳首舐めや、アナル弄り、フェラで焦らしなど……。
 最後は騎乗位で犯された。
 
 そんなセックスを続けている内に、元カノは徐々に本性を現していった。
 射精管理や、強制女装、淫語でおねだりもさせられた。
 でも、その頃には俺の身体はしっかり調教されており、元カノに逆らえなくなっていた。
 
 次第に、卑猥な行為が日常的に行われる様になった。
 学校にいる間も、休憩時間ごとに睾丸をしゃぶられた。
 パンパンに勃起したペニスを見て、元カノは嬉しそうに目を輝かせていた。
 
 中でも恥ずかしかったのは、露出散歩だった。
 一日中焦らされ続け、射精したいなら従ってと脅されると敵わなかった。
 放課後とは言え、校内で全裸になるのは、恥ずかしさと、人目に付く事への恐怖があった。
 それでも性欲には逆らえず、首輪で繋がれ俺達は散歩を始めた。
 人を避けながら、大した広くもない校内をうろうろと歩く。
 丸出しのペニスが歩く度に揺れて、我慢汁が糸を引いて床に落ちる。
 
 時間にして十分もなかった。
 最後は校内でする時に使っている教室へいった。
 俺のペニスを撫でながら、元カノは気持ち良かった? と聞いてきた。
 答えはもちろんイエス。
 それ以外は許されなかった事もあるが、露出の快楽に目覚めさせられていた。
「今なら何したって、精液出しそうだね。例えば、痛い事でも」
 そう言うと、元カノは脚をスッと引いて、思い切り振り上げた。
 つま先が、ペニスに直撃する。
 きっと、全力だったのだと思う。
 もの凄い衝撃を感じると同時に、俺は射精していた。
 そこには快楽も何も無かった。
 溜まりに溜まった物を、無理やり押し出されただけだ。
 腹に衝撃を受けて、吐くのに似ている。
 
 俺の様子を見て、元カノは恐ろしい程妖艶に熱い息を吐いた。
 悪寒が走った。
 怖かった。いつか、SMの延長で命まで……と思ってしまった。
 
 分かれた原因は性癖とは全然関係ないが、とにかくサディストな元カノだった。
 

 
 記事先頭へ戻る
 

PageTop