FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最終日後半「逆レイプされながら」


 人の姿をしているしずくが、俺の顔に跨る。
 鼻先に触れるしずくのそこは、すでにしっとりと濡れていた。
 口元を塞ぐ様に体重を掛けられる。
 
「んんー! んー!!」
 
 息苦しい。抗議も言葉にならない。
 俺の漏らすうめき声にくすぐったさを感じたのか、しずくが艶っぽい声を上げた。
 それがしずくの情欲に火を付けたらしい。
 擦り付ける様にくねくねと腰を揺らし始めた。
 くちゅくちゅとやらしい音が鳴る。
 顔中に塗り広げられる淫液。
 息継ぎの度に肺を満たす雌の香りに、むせ込んでしまう。
 そんな俺の様子などおかまいなしにしずくは快楽を貪っている。

「あっ、はぁっ、んっ……ちゃんと舐めてっ……んん……」

 急かされ、俺は舌を伸ばすがすぐに引っ込めてしまった。
 スライム状のしずくに圧し掛かられたのを下半身に感じる。
 ひんやりと僅かに冷たい。太ももにむにむにと押し付けられているのはおっぱいだろうか。
 顔面騎乗に興奮し、いきり立ったペニスに、吐息が掛かる。
 思わず、うっ、と声を上げた。
 俺の口から漏れる情け無い声は、それだけに留まらなかった。
 しずくが肉棒をゆっくりと舐め上げたのだ。
 快感に身体が震え、喘ぎ声を止められない。
 柔らかな舌を巧みに使い、ペニスを的確に責めるしずく。
 顔の上では人間の姿のしずくが快楽を貪り、下半身はスライム状のしずくに弄ばれる。
 呼吸の苦しさとフェラチオの快感は混ざり合い、俺を追い込んでいった。
 淫靡極まりない顔騎とフェラの合わせ技に、苦痛と快楽の境目が無くなっていく。
 何もかもが気持ち良い、と。
 
「ちゅっ、じゅぷ、れろっ……ん、んん……ふ……」

 ペニスをぱくりと咥え込んだしずくは、人間の口腔よりもずっと柔らかなそれで吸い付く。
 顔に跨っているしずくは淫蕩な声を上げ、もっと、と快楽をせがむ。
 俺は必死に舌を伸ばした。それを淫らな蜜を滴らせる陰裂にねじ込む。
 ビクンとしずくが身体を震わせた。
 
「上手よ……。お礼はもう一人の私が……」

 唾液に塗れたペニスを、スライム状のしずくが強く吸い上げる。
 じゅるっ……じゅるるるっ。
 
「あっ、あぁぁぁっ……!」

 俺は思わず声を上げた。
 このままでは、イッてしまいそうだった。
 その刹那、しずくがペニスを解放してしまう。
 寸止めを喰らい、もどかしさでどうになってしまいそうだ。
 俺が文句を言うより先に、二人のしずくの声が重なる。
 
「イきたいなら、ちゃんと聞かせて。私の事、好き?」

 人間の姿をしているしずくが、顔から降りた。
 自身の愛液でどろどろに汚れている俺の顔を、優しく撫でる。
 もう片方の手が、乳首に触れる。
 俺は息も絶え絶えになりながら、声を絞り出した。
 
「す……好きだ……しずく……」

 射精したいが故の詭弁か否か。俺自身、どちらとも言えなかった。
 しずくは、それ以上俺を焦らしたりしなかった。
 乳首を撫でられながら、俺はしずくの口内に精を放った。
 ビクビクと震える俺の身体をしずくが微笑みを浮かべて見下ろしている。
 いつの間にか、一つの身体に戻ったらしい。
 
「その言葉、ずっと忘れないでよ」

 しずくはそう念を押した。
 ……やれやれ。昨日、俺が好きだと言わなかったから機嫌が悪かったのか?
 面倒な所ばかり、人間に似やがって。
 俺は心中で悪態を吐きながらも、悪い気はしなかった。
 しずくの笑顔にあてられたのだろうか。
 淫魔と人間、どれだけの時間を共有出来るのかは分からない。
 ただ――
 当分は、しずくとの淫らで不思議な共棲が続くのだろう。
 
 
おわり。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop

最終日前半「分裂あるいは分身」


 あれから、日が変わって、半日が過ぎた。
 その間ずっと、しずくは何故か不機嫌だった。
 昨夜の出来事が俺を変えてしまったのか。
 あるいは気まずい雰囲気のせいか。
 副業の淫魔ハントに出掛ける気にはなれなかった。
 俺は意味もなく外をぶらついていた。
 
(……淫魔の思考なんて単純で、いやらしい事だけ考えてると思っていた)
 
 人間に化けている内に、その心まで学んだと言うのか。
 俺はしばらく考え込んだが答えを出す前に、首を横に振った。
 ……前例がないだけに、考えても仕方がなさそうだ。
 淫魔を狩る為に必要な生態は学んだが、それ以上の事は知らない。
 
(思い付きで飼うなんて言ったが、これが人間と淫魔が共存する第一歩になったりしてな)

 そんな事を考えてみるが、自分でも鼻で笑ってしまう様な荒唐無稽さだ。
 一人で考え込んでいても、的外れな事ばかりが浮かんでくるだけだ。
 
「家に帰るとするか……」

 俺は独り言を呟き、帰路についた。
 
 結界に異変はなさそうだ。
 しずくは家で大人しくしていたのだろう。
 玄関をくぐると、見慣れはじめている彼女の姿があった。
 何故か、二人に増えている。

「何やってんだよ、お前」

 しずくは俺の質問には答えなかった。
 不機嫌な表情を浮かべる二つの顔が俺を見る。
 何に対して怒っているのかと訊ねるも、やはり答えはなかった。
 どうしたものかと頭を抱えていると、しずくが動いた。
 片方のしずくが、人間に化ける腕を装着した。
 
「言ってくれないなら、言わせれば良いって気付いたの!」

 スライムのままのしずくが、今までとは打って変わった笑顔を見せる。
 対する俺は、疑問符を大量に浮かべた。
 言わせるとは一体なんなのか。
 戸惑うばかりの俺を前後から挟み込む二人のしずく。
 背後に回った人間のしずくが、耳元に囁きかけてくる。
 
「私の事、気持ち良くして。もう一人の私は、貴方を気持ち良くしてあげるから」

 二人のしずくに身体を弄られながら、俺は仰向けに寝かせられた。
 どういう事かと訊ねるも、しずくは答えをはぐらかす。
 しずくの意図する所が見えない内に、俺は全裸にされた。
 

日記の後半も読む

PageTop

12日目後半「これからのこと」


 いきり立つ肉棒の上に跨るしずく。
 ぽたぽたと熱い物がペニスへと滴り落ちている。
 否応なしに俺の興奮は高まっていく。

「それじゃあ、入れるね」

 どことなく照れ臭そうな表情を浮かべているが、そこは淫魔である。
 恥ずかしげもなくペニスを握り、角度を調整して自身のヴァギナに導いた。
 
「……っ!」

 熱く潤う入口に亀頭が触れ、俺は声を上げてしまいそうになった。
 ずぷっ……ぬぷぷ……。
 亀頭が柔らかな媚肉を掻き分け、奥へと進んでいく。
 やがて根本まで飲み込まれ、俺のペニスは、しずくの膣内に収められた。
 剛直全体を包み込む温かさと、強く締め付ける入口の感触が、繋がっている事を強く意識させる。
 
「……ん。こんな不便な所まで、人間らしく無くても良いのに」

 しずくは目元に涙を浮かべていた。
 
「痛むのか?」

 しずくは、小さく頷く。
 淫魔である彼女が、俺のペニスを受け入れ、痛みを感じている。
 人間よりも遥に力のあるはずの淫魔が、それも、性と言う得意分野で、俺に押されている。
 駄目だ。頭がくらくらしてくる。
 今すぐ、しずくを組み伏せて、まだ初々しい彼女のおまんこに俺のちんぽの形を覚え込ませたい。
 胸の内に湧き上がった衝動を自覚すると、がばっと上半身を起こした。
 
「なっ、なに……? きゃっ」

 繋がったままの状態で彼女を強く抱きしめ、ゆっくりと押し倒した。
 俺を見上げる潤んだ瞳に、吸い込まれてしまいそうだ。
 
「今からたっぷり犯してやるから、覚悟しろ」

 しずくは、調子に乗るなと言い掛けた。
 それが短い悲鳴に変わったのは、俺が腰を打ち付けた為だった。
 調子に乗って腰を振るも、ペニスにぴったりと張り付くひだの感触に、果ててしまいそうだ。
 淫魔ハンターとして身に付けた術の一つを発動させる。
 ペニスの感度を鈍らせるのだ。
 
「はっ、んっ、あっ、あぁっ……」

 短く喘いでいるしずくが感じているのは、苦痛か快楽か。
 俺には判別が付かないが、どちらにせよ彼女が上げる嬌声は俺を調子付かせ、興奮させる。
 パンパンと肉を打ち付ける音が室内に響く。
 俺達は互いに熱を上げ汗ばんでいた。
 扇情的な肉体の上で光る雫は、俺をさらなる官能の渦へと引き込んでいく。
 男根をしずくの膣に擦り合わせ、子宮口に亀頭を押し当てる。
 いくら感度を下げているとは言え、自然と声が漏れてしまう。
 結合部から響くぬちゃぬちゃとした卑猥な音色に混じって、しずくが何かを言っている。
 
「なんだ? ギブアップか?」

「ち、違うよ。……い、一回だけ、このまま出させてあげるからっ……んっ、んん」

 何とかそれだけを言うと、しずくは口元を押さえてくぐもった喘ぎ声を漏らす。
 彼女にとって、これは単なる食事ではないのだろうか。
 不便であるはずの人間の姿のまま、俺の精を受け止めると言った。
 ……。
 俺はペニスの感度を下げていた術を解除した。
 
「くっ……あ、ああ……しずく……!」

 素の状態で、これ以上耐えるのは無理そうだった。
 切羽詰まった様子の俺に射精の予兆を感じたのか、しずくは何か言いたげな表情を浮かべた。
 視線を泳がせるしずくの言葉を待ちながら、何とか持ち堪えるも限界は着実に近付いていた。
 これ以上は無理だ、とは言わずに俺はしずくの名を呼んだ。
 しずくは真っ直ぐに俺を見つめて、ようやく短い言葉を口にした。
 好き、と。
 俺は彼女の身体をきつく抱きしめ、深く突き刺したペニスの先端から精液を吐き出した。
 びゅくっ、びゅるっと。
 

翌日の日記も読む

PageTop

12日目前半「休戦。それから」


 驚くほど普通のデートを過ごした翌日。
 俺はしずくに抱きつかれた状態で目を覚ました。
 幸せそうな寝顔がすぐ近くで、すやすやと静かな寝息を立てている。
 まいったな。これでは飼っていると言うより、恋人同士だ。
 
(だからと言って不都合な事は何もないが……)

 こうして人に化けていると、彼女が淫魔であると言う事実を忘れてしまいそうだ。
 しずくを起こさない様に気を遣いつつ、布団を抜け出る。
 俺は先に朝食を済ませてしまう事にした。
 トーストをかじっているところに、しずくが目を覚ました様だ。
 
「私も朝ごはん……」

 まだ寝ぼけているのか、背後からもたれかかってきた。
 肌の触れ合う部分から伝う温度が、わずかに上がる。
 不審に思い何をするつもりなのかと訊ねる。
 
「ザーメンちょうだい」

 耳元に熱っぽい息が拭き掛けられる。
 ゾクゾクとした感触が背を這うに続いて、ペニスに血が滾るのを感じた。
 視線を下げると、ズボンを突き破りそうな程に勃起していた。

「人間に化けていると、フェロモンをコントロール出来るみたい。……私の匂いでおちんちん、大きくなっちゃったね」

 股間に張ったテントの頂点を、しずくは指先で撫でた。
 
「うっ……くぅ……」

 我慢汁が染みを作る。
 フェロモンなんて、反則だろう。
 本能に刻まれた遺伝子を利用して男を発情させるだなんて、抗う術などなかった。
 ズボンの上から微かに撫でられるだけで、射精寸前まで追い詰められる。
 寸での所でしずくの手が離れた。
 この隙を逃せば、絶対に勝てる気がしなかった。
 念の為に身に付けている銃を取り出し、しずくに向ける。
 
「……死なないと理解していても、私を撃てるの?」

 悲しげな表情を浮かべるしずく。俺の脳裏には昨日の光景が過ぎった。
 普通の女の子の様にはしゃぎ、楽しげに笑っていた彼女の姿。
 飼うと宣言した以上、殺す気はないが、それでも撃てなかった。
 スライム状になっていれば、撃てたのだろうか。
 人の姿にほだされ、引き金を引けなかったのか、それとも――。
 思考を遮る様に、しずくに正面から押し倒された。
 
「私は、貴方を殺せなくなっちゃった」

 真正面から俺を見つめ、そんな言葉を口にした。
 切なげな表情を浮かべたしずくに対して、不覚にも胸が高鳴った。
 しずくの顔が近付いてくる。
 唇が触れ合う。
 伸ばされた舌がうごめき、俺の口内を犯す。その感触に、全てを委ねてしまいそうになる。
 俺は残る理性を総動員し、しずくの肩を掴んで身を引き離した。
 
「ちょっと遊びに連れて行っただけだろう? 惚れたとでも言うのか?」

 冷静を努める俺だが、呼吸は乱れ、途切れ途切れに言葉を紡ぐのがやっとだった。
 しずくは小首を傾げた。
 
「惚れたって……良く分からないけど。昨日はお腹じゃなくて、胸がいっぱいになったの。だから、食べちゃうよりも一緒に居たいと思っただけ」

 人に化けている内に、心情が変わる事なんて有り得るのか。
 俺の知っている範囲では、淫魔と人とが対等の関係を築けたケースはない。
 だからこそ、俺は飼育する形で共存するつもりだったのだが。
 
「一緒にって、俺を捕らえて支配するのは、一緒に居るとは言わないぞ?」

「分かってるよ。だから……」

 言葉を区切り、立ち上がったしずくは、寝巻きを脱いで、裸になった。
 整った体躯と瑞々しい肌が視界に広がり、俺の情欲を煽る。
 舐め回す様に視線を這わせる内に、太股を伝う透明な雫に気が付く。
 まさかこいつ……。
 
「二人で気持ち良くなろうよ」

 人間の姿で、俺と交わろうと言うつもりか。
 淫魔の癖に恋愛ごっこか。
 などと心中で悪態を吐いた所で、股間の膨らみが萎む訳でもない。
 人の姿に化けたしずくの身体を試してみたい。
 俺は、自らの欲望に従う事にした。


日記の後半も読む

PageTop

11日目「意外な顛末」

 昨夜たっぷり搾り取られた俺は、気絶する様に眠りに着いていた。
 しずくに揺さぶられて目を覚ます。
 気だるい身体を何とか起こしぼやけた視界を映し出す目を擦る。

「……なにやってんだ? お前」

 しずくは意外な姿をしていた。
 半透明だった肌は、人間のそれと同じ色に変わっており、出会った当初の様な姿だ。
 どうしてそんな事になっているのか、すぐに分かった。
 右手首で光る腕輪の効果に他ならなかった。
 昨日の剣幕はどこへ行ったのか。
 若干不機嫌になりながらも、なんのつもりかと訊ねた。
 
「あ……うぅ……。だ、だって、こっちの方が気を遣わずに出掛けられると思って……」

 きまりが悪そうに答えるしずく。
 先日、結界を抜けて外に出たのも理由があるのだろうか。
 
「世界征服とかじゃないだろうな……?」

 首を横に振ったしずくは、ぼそぼそと何かを喋った。
 一体なんなのかと聞き返す。
 
「クレープ……!」

 頬を染めて、そう答えるしずく。
 更に詳しく聞くと、テレビで見たクレープの特集に感化されたらしい。
 
「だったら最初から素直に腕輪を受け取れば良かっただろう?」

「そ、それは、恥ずかしいし……」

 やれやれ。意地っ張りと言うか、何と言うか。
 
「で、俺を起こした理由は、連れて行けと?」
 
 しずくは、こくんと頷いて見せた。
 仕方ない。今日は平和にデートとしようか。
 

翌日の日記も読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。