FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

淫靡な試練#6


 声を押し殺し、快楽に理性を奪われない様に「駄目だ」と何度も脳内で繰り返す。
 海斗がそうしている内に、二人は保健室へと辿り着いた。養護教諭は不在だった。
 沙織に導かれるまま、ベッドに寝かされた海斗にスライム娘が声を掛ける。
 
「ふふっ……無様ねえ……」

「うっ、くう……はぁ、はぁ……お前……!」

 いつの間にか沙織と入れ替わっていた淫魔は嗜虐的な笑みを浮かべて、海斗の顔を眺めている。
 愉しげな顔を向けるばかりのスライム娘に、海斗は苛立ちを露にさせる。
 失せろ。低い声が言った。

「そう慌てないで。せっかく貴方に良い事を聴かせてあげようと思っているのだから」

 甘く疼く前立腺から込み上げる快楽を表に出すまいと努めて、海斗はスライム娘を睨み付ける。
 膠着状態が続くが、海斗には不利な状況だ。
 絶える事のない快楽にさらされる身体は小さく痙攣している。
 海斗が堪えきれずに火照った吐息を漏らした事で、沈黙は破られた。

「この子の本性、知りたくないかしら?」

 スライム娘は、沙織の顔で淫靡な笑みを浮かべた。
 淫魔の言葉などに惑わされてはいけない。海斗は揺らぐ好奇心を押し殺すが、目を逸らす事は出来なかった。視線の先で、沙織が胸元に手を突っ込んだ。
 布の擦れる音が淫らな空気を漂わせる。
 指先がそこへ到達すると、スライム娘は大げさに喘いで見せた。
 沙織を辱めるような行為に海斗は声を荒げるが、淫魔は少しの動揺も見せないまま口を開いた。

「淫魔の私でさえ恥ずかしくなる程勃起しちゃってるわ。……そう怖い顔をしないでくれるかしら? 私は何もしていないわよ」

「そんな訳が……!」

 スライム娘は沙織の身体を操り、スカートの中に手を突っ込んだ。
 今度は控えめな喘ぎを漏らして手を引き抜く。海斗に見せるつける様に腕を伸ばした。指の間で愛液が糸を引いていた。
 海斗は、沙織の身体に起こっている変化が、彼女の性欲に起因しているとは認めたくなかった。絶対に淫魔の罠だと自身に言い聞かせるが、心は大きく揺さぶられていた。
 追い討ちを掛ける様に、スライム娘が口を開く。

「彼女、淫魔の素質があるわ。貴方の情けない姿を見て発情しちゃってるのよ。もしかすると、みっともない姿の貴方を犯してしまいたいとさえ思っているのかも知れないわね」

 破滅へ誘う言葉に続けて、『発作』がピークを迎える。
 身体をガクガクと震わせ耐え難い射精欲求に襲われる海斗。
 彼の脳裏に、スライム娘の告げた情景が過ぎってしまう。

「ふふ、うっとりした顔してるわよ? そろそろこの愉しいゲームにも決着がついてしまうのかしら……」

 淫魔は最後に微笑みを残して、再び沙織の身に潜り込んだ。
 ハッとした様な表情を見せた沙織が、何事も無かったかの様に声を掛ける。
 海斗の頭は真っ白に染まっていた。彼女の言葉は届かない。
 清純を体現する様な顔立ちの裏に潜む、嗜虐的な肉欲。それを知った衝撃は海斗に重く圧し掛かるが、彼女を拒絶する事は出来なかった。
 されるがままにズボンを脱がされ、我慢汁で濡れた下着を露にさせられる。
 鼓動がドクドクと高鳴り、ペニスは沙織を求めるかの様にじんじんと疼いている。
 今すぐ自らの手で肉僕を扱き上げ、精と共に劣情を吐き捨てる事が出来ればどれだけ良いか――海斗の願望は、スライム娘によって封じられている。

「さ、沙織……駄目だ……」

 下着に手を掛けた沙織に向けて、海斗は震える声で言う。

「駄目って、このままじゃ海斗君、授業を受けられないでしょ?」

 一気に下着をずり下ろされる。海斗も抵抗を試みたが、魔の快楽に震える身体には上手く力が入らなかった。
 露になったペニスはビクビクと脈打ち、今すぐにでも欲望を暴発させてしまいそうだった。

「すぐに楽になるから……恥ずかしがらないで、じっとしていて」

 そう告げる沙織の頬は赤く染まっている。
 彼女の膣に淫らな蜜が滲み出すのを、海斗は無意識の内に夢想していた。
 前日と同じく医療用のゴム手袋をはめる沙織。真っ白な指先が脚を掴んで広げた。
 羞恥で顔を赤くさせながら、海斗は恥辱に満ちた状況で沙織に強引に犯される妄想をしてしまう。恥辱に満ちた淫蕩な空想は、もはや自らの意思で止める事が出来なかった。
 はぁはぁと荒い呼吸を繰り返す海斗の尻に、沙織が触れる。

「ううっ……あっ、ああ……」

 アナルの周囲を軽く撫でられるだけで、身体が跳ね上がる程の快楽を感じてしまう。
 妖しい輝きを放つ瞳に見つめられながら海斗は肛門に異物を受け入れる。
 ぬぷぷっ……。
 第二間接まで軽く挿入される。肛門を押し広げられる感覚に、海斗は喘ぎ声を漏らす。

「大丈夫? 痛くない?」

 優しげな声音に、海斗は素直に頷いた。

「良かった……。このままゆっくりと入れてくからね」

 ぬ……ぬぷっ……。
 指を根元まで肛門に入れて、沙織はもう一度、痛くないかと訊ねた。
 これにも海斗は頷きで返した。

「本当? 何だか凄くきつくて……それにびくびくしてる……」

 どこかうっとりとした様な声音で、沙織は言葉を続ける。それはどこか、独り言の様だった。

「とても熱くて、まるで指に絡み付いてくるみたい……」

「や、やめて……くれ……」

 搾り出す様な声で、海斗が沙織の言葉を遮った。
 小首を傾げる沙織に、海斗は恥ずかしいと伝えた。
 一瞬の沈黙の後、彼女が言う。そっか、恥ずかしいんだ、と。
 笑顔の裏に、嗜虐的なものを感じて海斗は背筋をゾクゾクと震わせた。

「大丈夫、看病だから……」

 ぬちっ……ぬちゃ……。
 沙織が指を動かす度に、腸内を満たす粘液が音を立てる。
 気が遠くなる様な快楽の中で、海斗は淫らな妄想を振り払おうと試みていた。
 彼女が自身の悦楽を満たす為に、アナルを弄んでいると考えていては、心が折れてしまいそうだった。
 海斗は思考を満たす淫らな妄想を、淫魔の仕組んだ罠だ、と自身に言い聞かせる。
 沙織の身体をコントロールしているなら発情の証を滲ませる事くらい出来るはずだ、と。
 ぬちゅ、ぬちゅっ。
 アナルを指で犯され、込み上げる快楽が思考を鈍らせるが、海斗は何とか沙織への劣情を押さえ込む事に成功する。

(そうだ、彼女はこれを看病だと思い込んでいる、それだけなんだ……)

 終わりのない快楽に身悶えながらも、海斗は恐るべき精神力で誘惑を跳ね除けた。
 
「うくっ……う、ううう……!」

 沙織の指先が奏でる快楽は、蓄積されてやがて限界を超える。
 射精の伴わない絶頂が海斗を何度も襲う。
 ぬちゅっ。
 前立腺を軽く人差し指で圧迫されただけで、ペニスから大量の我慢汁を滴らせ、全身をガクガクと震わす。
 視界はぼやけて、徐々に何も考えられなくなっていく。

「あああっ、ああ……! ああーっ!!」

 途方もない快楽に絶叫し、海斗は壊れた様に痙攣を繰り返している。
 その姿を見つめる瞳は、以前にも増して妖しい光りを放っていた。
 

淫靡な試練#7


スポンサーサイト
[PR]

PageTop

6.ご褒美に脚で皮を剥かれる


 若菜に教えられながら、次のテストへ向けて勉強に励む樫田。
 ご褒美への期待もあったが、そもそも彼女に逆らう事が出来ない。

「よし、それじゃ今日はここまでだ」

 若菜の声で、樫田は身体の力を抜いた。
 ふうと息を漏らして、鉛筆を走らせていた問題集に目を落とす。
 ここまでしっかりと何かに向き合うのは、初めての事だと思った。

「どうした、ニヤニヤして」

「い、いや……こんなにちゃんと勉強出来るのは、宮久保さんのおかげだと思って……」

「私が専属になったせいで、お前が余計に馬鹿になったと言われたら、嫌だからな」

 樫田は苦笑するしかなかった。
 
「まあ、とにかく、お前も真面目にやってるからな。ほら、今日のご褒美だ」

 ベッドに浅く腰掛けた若菜が、脚をジタバタと上下させる。
 首を捻る樫田に、正面へ座るように告げる。

「その前に、下半身は全部脱げ」

 愉しげな笑みを浮かべた若菜が、そう指示を付け加えた。
 おずおずと戸惑う樫田を急かす。
 先ほどまで勉強に集中していたせいか、強い羞恥に襲われていた。
 樫田が意を決してズボンに手を掛ける。
 自然とペニスに血が巡り始めてしまう。
 するりとズボンを下ろし、下着だけの姿になる。
 
「戸惑ったふりしていた癖に、ここはやる気になってるみたいだな」

 艶やかな唇を歪ませて、若菜が脚を伸ばす。
 つま先で下着の上からペニスを撫でた。

「ううっ、か、身体が勝手に……」

「虐められて気持ち良くなるのが癖になってるなんて、どうしようもないな」

 そう罵られても、勃起を鎮める事は出来そうになかった。
 下着を一気にずり下ろし包茎ペニスを露にさせる。
 皮を被ったまま、上を向いた男根が小さく脈打った。
 
「こ、ここに座れば良いんだよね……?」

 若菜が頷くのを見てから、樫田は、床に腰を下ろした。
 開いた脚の間に挟まり、後頭部に股間が来る格好だ。
 細い指が頬を撫でると同時に、ペニスがゆっくりと足で踏まれる。
 若菜の指が樫田の唇に触れる。
 
「口を開けろ。……そのまま丁寧に舐めろ」

 頭上から響く声に、背筋をゾクゾクとさせる樫田が口を開く。
 言われた通りに指を含み、舌を絡める。
 口内に感じる異物は、犯されていると言う倒錯的な興奮を樫田に与えていた。
 指を舐めさせながら若菜はペニスを両足で挟み込んだ。
 矮小な男根を圧迫される感覚に、樫田がくぐもった呻き声を上げる。
 それでも若菜は指を引き抜くことはしなかった。
 亀頭の辺りを挟んだ足を、ゆっくりと根元へ向けて下ろしていく。
 
「んぐっ、んんっ、ん……!」

 じわじわと包皮を剥かれていく感覚に、樫田はビクビクと身体を震わせている。
 
「どうした? 口の中を指で犯されながら、ちんぽの皮剥かれて興奮してるのか?」

 羞恥と被虐を煽る言葉が、樫田の興奮をますます滾らせていく。
 
「ほら……しっかり感じておけよ。もうちょっとで剥き終わる」

 溢れ出した我慢汁に濡れ光る亀頭が、完全に露出する。

「んっ、んんんーっ!!」

 たまらない快感だった。
 脚で包皮を剥かれていると言う興奮が、そこを敏感にしていた。

「こんなに惨めな状況でも気持ち良くなるなんて、頭は良くなっても、変態は直りそうにないな」



7.搾りつくして

PageTop

全裸で散歩させられた


 あるSNSで知り合った女性と、実際に会う事になった。
 そこへ至るまでには、長いコミュニケーションを重ねて、強引に手を出したりしない事を理解して貰った。
 俺は彼女とセックスをする訳ではない。
 一方的に恥ずかしい目に合わせて貰うのだ。
 
 夜、待ち合わせ場所へと向かう。
 写真の交換も済ませていたので、おそらくすぐに見つけられるだろう。
 そう思い、辺りを見回していると、声を掛けられた。

「○○○さんですよね?」

 俺のハンドルネームだ。
 振り返ると、写真と同じ整った顔立ちの若い女性が立っていた。
 
「は、はい。……○○○です。××ちゃん?」

 彼女ははにかんで頷いた。
 この時点で、俺のペニスは最高潮まで勃起してしまっていた。
 彼女の写真を見つめて、被虐的な妄想に浸り、何度ペニスを扱いた事か。
 
「すぐに行きます? それともどこかで休憩してからにしますか?」

 問いかけに、俺はすぐに、と鼻息を荒くして答えた。
 ふふ、と小さく笑った彼女が、手を伸ばす。
 股間の膨らみをそっと撫でられた。
 
「本当に変態ですね」

 周囲に聴こえぬ様に、彼女は小さく俺を罵った。
 苦笑しながらもその言葉は否定出来るはずがなかった。
 


 俺達は待ち合わせ場所からそう遠くない、公園と向かった。
 ここは彼女の地元である。夜になるとほとんど人が来る事はないのだと言う。
 俺は早速物陰に隠れて服を全て脱いだ。
 全裸にサンダルだけの格好になると、興奮で目の前が真っ白になりそうだった。
 あの子の前で、全裸を、ペニスを、これから晒すのだ。
 初対面の女性に、しかも相手は服を着たままだ。
 一方的に全裸になる被虐的な状況にペニスの先からはすでに我慢汁が滴っている。

「お、お待たせしました……」

 そう言って俺は手で股間を隠した状態で、彼女の下へ戻った。
 ベンチに掛けていた彼女が立ち上がり、近付いてきた。
 
「隠してちゃ意味ないですよ」

 股間へ伸ばした腕を掴まれて、強引に動かされる。
 俺としても彼女の前で露出するのが目的なので、そこまで必死ではない。
 それでも無理やりペニスを露にさせられる様なやり取りに、たまらなく興奮してしまう。
 上を向いた男根が彼女の前に晒される。
 
「まだ見られただけなのに、濡れちゃってますよ?」

 彼女に指摘されて、俺はますます興奮してしまう。
 ビクビクと脈打つペニスに小動物用の首が掛けられた。
 露出散歩のシチュエーションは、事前に彼女と打ち合わせていた。
 小さな首輪をペニスに嵌められて、リードで引かれながら歩く事になっている。
 細い指が時折男根に触れてしまうのが、たまらなく心地良かった。
 
「はい、出来ました。これで○○○さんのおちんちんは、私のペットです」

 そんな言葉に俺は今すぐ肉棒を扱き上げて、思いの丈を吐き出してしまいたい衝動に駆られるが、ぐっと堪える。
 予定外の行動は絶対にしないと約束していた。
 
「はぁ……はぁ……はい、俺のおちんちんは、××ちゃんに飼われるペットです……」

 性器をペット扱いされる被虐的な悦びが身体を貫き、ビクビクと痙攣してしまう。
 俺の気を知ってか知らずか、彼女がリードをぐいっと引っ張る。
 
「ほら、早く行きましょうよ」

 そう言って笑う彼女は、こんな変態を相手にする様にはとても見えない程、美人だ。
 俺達はしばらく言葉を交わさずに歩いた。
 遠くで車が走る音がする以外は、俺の呼吸ばかりが響いている。
 首輪に圧迫されたペニスが時折引っ張られるのが堪らなかった。
 男根をビクビクと脈打たせながら、俺達は公園を一周し、元居た地点へ戻って来た。
 
「ずーっとおちんちん、震えてましたよね? 出したくて仕方ないんじゃないですか?」

 悪戯っぽく笑う彼女に見蕩れ、俺は一瞬返事に遅れてしまった。
 慌てて出したいと懇願すると、笑われてしまった。
 
「ちゃんと約束は守ってくださいね」

 そう言って、彼女がベンチに掛ける。
 靴を脱ぎ、薄い生地の靴下に包まれた足を露にさせた。
 俺はその場で跪き、ペニスを握った。
 顎を上げて、彼女の顔を見る。
 口元に僅かな笑みを浮かべて、彼女は脚を上げた。
 触れてはいけないし、彼女も触ってはくれない。
 
「はぁ、はぁ……ああ……」

 俺は彼女の脚に顔を寄せて、息を荒くさせてペニスを自らの手で扱く。
 
「ふふふ、恥ずかしくないんですか? こんな所でオナニーするなんて」

 彼女の言葉に、背筋がゾクゾクと震えた。
 もっと罵られたい、惨めな快楽を味わいたい。
 そんな衝動に駆られるまま、俺は気持ち良いと、間抜けな表情を浮かべた。
 
「変態……。でも、分かってますよね? 今、○○○さんのおちんちんは……」

「×、××ちゃんのペット、です……」

 ぐい、とリードを引かれる。
 この動きがあった時には、ペニスを扱く手を止めなくてはいけない。
 快楽を中断されて、もどかしさで一杯になる。
 
「おっ、おちんちん、シコシコさせてください……!」

「どうしようかなぁ……」

 ペニスは快感を求めて、ビクビクと痙攣している。
 鼻腔をくすぐる蒸れた香りに発情させられて、肉欲はどんどん湧き上がってくる。

「じゃあ、こうしましょう。おちんちんは駄目だけど、乳首なら良いですよ?」

 嗜虐的な笑みを浮かべて、彼女が目を細める。
 俺はありがとうございます、と頭を下げて、胸元に手をやった。
 
「くす……。○○○さん、おちんちんを私に取られちゃって、乳首でオナニーしてる」

 嘲笑交じりの言葉が、身体を火照らせる。
 
「あああっ、ああ……気持ち良い……××ちゃん……はぁ、はぁ……!」

 乳首の快楽に酔い痴れる俺に、彼女がリードを使って責める。
 ぐいっ、ぐい。断続的にペニスを引っ張れる。
 その屈辱的な状況が、彼女の愉しげな表情が、俺を快楽の果てへと追いやっていく。
 
「あああっ、も、もう……ご、ごめんなさい、で、出る……!」

 胸に感じるジンジンとした疼きと、乱暴に揺らされるペニスへの刺激が混ざり合う。
 俺は嬌声上げて、身体を仰け反らせた。
 ぶびゅるっ、びゅるる!!
 大量の精液がリードに引っ張られるペニスから、噴き上がった。
 しばらく続いた射精を、彼女は愉しそうに眺めていた。
 
「……気持ち良かったですか?」

「は、はい……ありがとうございます……」

 俺は荒い呼吸を整えて、服を着た。
 帰りは彼女を駅まで送っていった。
 それから、公園での光景を思い出して、俺はオナニーに耽るのだった。
 
おわり

PageTop