FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

13.遊戯か愛撫か


 艶やかな微笑に胸をドキリと鳴らした樫田の足元に、知奈がしゃがみ込んだ。
 上目に彼を見やりながら、ベルトに手を伸ばす。金具を外されたあたりで、樫田が声を上げた。

「ま、待って、嫌じゃないけど、でも……!」

「でも?」と首を傾げながらも、知奈はしっかりとズボンを下ろしていた。
 露になった下着には既にテントが張られている。肉体はすっかり快感を受け入れる体勢を整えていた。
 追い付かないのは心情だ。あまりに普段と違っている知奈からの誘惑に乗ってしまうのは、不義理である様に感じられた。二重人格と言う弱味に付け込んでいる風にも思えるがゆえ、罪悪感も認められる。
 それを言葉で説明するだけの余裕が、樫田にはない。その為に彼は何度も「でも」と繰り返した。
 そんな様子の樫田に、知奈は笑って言った。

「恥ずかしがってるの?」

「そ、そう言う訳じゃない、けど……」

「ふふっ、それなら大丈夫だね」

 そう言い切ると同時に、下着を一気にずり下ろした。
 露になった包茎は怒張し上を向いている。鼻先に現れたそれに対して、知奈が黄色い声を上げた。これまた彼女らしからぬ所作であり、樫田は目を丸くした。
 呆気に取られていた彼だが、そうした反応は長くは続かなかった。
 知奈がペニスに目を向けながら言う。

「渉のおちんちん、可愛いね」

 揶揄ではなく、本心からの所感である様に聞こえた。
 生殖器の様子を嘲り笑われるのとは違った種類の羞恥心を認めて、樫田は顔を赤らめた。
 そんな彼の表情に目を細めながら、知奈はペニスに一層顔を寄せる。それから筋の通った鼻を鳴らした。すんすん、と何度か繰り返した後、笑んで見せる。
 男根の匂いを嗅いで嬉しげにしている様子は、痴女めいており、それを目にする樫田は鼓動を早くさせた。
 ひとしきり鼻を鳴らしていた知奈が、にへらと笑顔を深めた。
 そうかと思えば、樫田の腰に手を置き、少し背伸びをする様にして亀頭を覆う包皮の先へと口元をやった。
 瑞々しい唇が小さく開かれる。啄ばむ様にして包皮の先を咥える。そのまま皮を引っ張ってペニスを下方へ倒す。上目に樫田を見やりながら、ぱっ、と口を開いて包皮を解放した。弾性に基づいて跳ね上がる男根が腹を打つ。ぺちっと間抜けな音が鳴った。
 その動作が気に入ったのか、知奈は愉しげな表情を浮かべて、同じ行為を何度か繰り返した。
 樫田はしばし黙してされるがままになっていた。が、その程度の戯れでも快楽を得るには充分な刺激だったらしく、呻き声を上げて身を震わせた。

「あうっ……うう……!」

「ふふ、可愛い。もう気持ち良くなってきちゃったの?」

 そう問い掛けた知奈が、今度は陰のうへと口元を寄せる。そこへ鮮やかな桃色の舌を這わせる。生温かな唾液を塗り込むようにして、ゆっくりと力強く舐め上げた。
 包皮を口先で弄ばれるだけで呻き、身悶えていた樫田が、こうも直接的な愛撫を受けて平気でいられるはずがなかった。

「あくっ、うくう……! はあっ、はあ! ああっ……!」


つづく

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

12.夜の美少女

 知奈と二人で過ごす為に与えられた部屋へと荷物を運び入れる。
 自分の持ち物を早々に運び終えた樫田は、次に知奈に命じられて彼女の荷物を運んでいた。
 その作業が丁度終わった頃、知奈の身に変化が起こった。
 彼女は気でも失ったかのように脱力し、その場で体勢を崩し掛けた。
 慌てて樫田が駆け寄るも、彼が手を貸すまでもなく知奈は体勢を立て直した。
 どうしたのかと樫田が彼女をじっと見やる。
 美貌は変わらずのままだが、そこに浮かぶ表情は見慣れぬものだった。
 冷たさを失した柔らかな顔付きである様に感じられて仕方なかった。
 ひょっとすると、これが貝塚の言っていた別人格の発露なのだろうか。そんなことを思いながら樫田は彼女に声を掛けた。

「松丸さん……?」

 彼の呼び掛けに対して、知奈が浮かべたのは、冷冷とした美少女にあるまじき笑みだった。
 美人であるとは常々思っていたが、まさか彼女を可愛いと思う日が来るとは想像も付かなかった。樫田はしばし呆然としつつも、眼前の笑顔に釘付けとなっていた。
 そんな彼に対して、知奈は笑みを一層明るくしながら言った。

「久しぶりだね!」

 彼女の言葉で我に返ると同時に、樫田は「え?」と呆けたような声を上げた。
 久しぶりとは一体どう言う意味なのか。
 口に出してそれを問うた訳ではないが、顔に出ていたのだろう。知奈は笑みを困った様なものに変えつつ首を傾げた。

「……あれ? はじめまして、だった……かな?」

「う、うん……多分、そうだよね?」

 樫田がそう言うと、知奈は「へへ」と声を上げて笑った。
 当然の事ではあるが、姿形は全く変わっていない。表情、仕草、雰囲気だけがまるで別人の様だった。
 戸惑いを覚えながらも、樫田は今の知奈を好いと感じていた。美しい容姿とそれに相応しい冷たく近寄り難い言動は、玲瓏たる魅力をかもし出していたが、目の前の彼女が見せている人懐こい笑みは、それに勝るとも劣らない。
 樫田でなくとも一瞬の内に慕情を抱いても無理はないだろう。
 彼が胸をどきどきと言わせていると、知奈は微笑を浮かべたまま言った。

「はじめましてなのかあ……。でも……」

 言葉が途切れてから、やや間があった。
 どうしたのかと樫田が不思議そうにしていると、知奈はにこっと笑って彼に抱き付いた。突然の抱擁に驚く間もなくして、衝撃的な台詞が彼女の口から放たれた。

「でも私、渉のこと好きだよ」

「ま、まつま……」と、樫田が名前すら半端にしか口に出来ない内に、知奈は更に言葉を続けた。

「だから、いっぱい気持ち良くしてあげるね」

 そう言い終えた後も彼女は、にこやかな顔をしている。
 樫田はしばし呆気に取られていた。
 二つの人格をそれぞれ個別の『人』として見なした場合、彼女とは初対面のはずだ。それなのに何故、ここまで好意を向けられているのか。日中の人格と記憶を共有しているのだとしても、好かれる要因は思い浮かばない。
 ――そうすると、何か裏があるのではないか。樫田はそう訝しんだ。
 抱擁を強引に解いたりこそしなかったものの、そうした心境は強張った身体や黙りこくった態度から察することが出来たのだろう。知奈は抱き締めていた樫田の身をやや離して、正面から彼を見やり、笑顔に悲しげな色を滲ませた。

「……嫌かな?」

 物悲しげな声音でそう問われる。嫌と答えられるはずがないし、そもそも嫌ではなかった。樫田は彼女に、何度も吃りながらその旨を告げた。
 知奈は表情を一転させて言う。

「良かった。まあ、嫌って言われても無理やりしちゃったんだけどね」

 笑みに陰りはないが、それは艶を帯び始めていた。


13.遊戯か愛撫か

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。