FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

6.もっとアナル開発


 樫田の部屋には、朝から真里が訪れていた。
 アナルを拡張する為に、プラグを差し込まれる予定だ。
 ベッドの上で、真里は樫田に馬乗りになった。
 
「ふふ……女の子に乱暴している様な気分になるよ」

 寝巻きを剥ぎ取り、真里は膨らみ掛けの胸を揉んだ。
 しっかりとした柔らかさが手の平に伝わってくる。
 時折乳首に触れられ、樫田はその度仰け反った。
 
 馬乗りのまま、真里がプラグを手に取り樫田の眼前へ掲げる。
 
「今からこれが、君のアナルに入っちゃうんだよ? どう? 怖い?」

 樫田は小さく、しかし確かに、首を縦に振った。
 そっか。怖いか。と真里は嗜虐的な笑みを浮かべる。
 
「騒いだり、みっともない声を上げたり出来ない様に、しておかないとね」

 真里は腰を上げて、スカートに手を入れる。
 するすると脚を通り抜けた下着には、愛液が染みを作っていた。
 
「君のお尻に、これ、入れる事考えたら濡れちゃった」

 一度、樫田の眼前でショーツを広げた後、くしゃくしゃと丸めた。
 
「はい、あーんして?」

 口元に近づけられた布から、濃厚な雌の香りが漂う。
 樫田は一瞬、躊躇う様子を見せたがすぐに口を大きく開いた。
 
「んぐっ……む……うう……」

 くぐもったうめき声を漏らす樫田を見下ろし、真里は舌なめずりをした。
 ぽたぽたと、愛液が滴り落ちる。
 真里は見せ付ける様に、アナルプラグへローションを塗り付けた。
 
「ほら、自分でお尻上げて、挿入しやすい様に広げてごらん?」

 今さら抵抗するつもりもない樫田は、それに従った。
 もっとも、羞恥を感じなくなった訳ではない。
 頬を赤らめて、真里から目を逸らす。
 
(照れた仕草も女の子らしくなちゃって)

 軽い嫉妬を覚えつつ、真里は樫田のアナルに中指を入れる。
 とろとろの潤滑油のおかげで、難なく根元まで入った。
 指で軽くほぐす。
 樫田の上げる声は、苦痛ではなく、悦楽を滲ませている。
 そこまで丹念にしてやる必要もない、と真里は判断して指を引き抜いた。
 
(気持ち良いばかりじゃなくて、たまには痛い事もしてあげないとね)

 意地悪な笑みを浮かべて、プラグをアナルに当てる。
 直に性具が触れるとその大きさを感じ、樫田は小さく息を漏らした。
 口に押し込まれたショーツが、吐息をくぐもらせた。
 真里は、ゆっくりとアナルプラグを押し進める。
 じわじわと肛門を広げられる苦しさに、樫田は悶えた。
 
「んん……ん……んっ、ん……」

 ぬぷぷ……。
 腸内をプラグが満たす。根元まで入った事を樫田に告げる。
 真里は樫田の身体を起こし、口からショーツを抜き取った。
 
「ふふっ……私の愛液と、君の涎でぐちゃぐちゃになったこれで……」

 生暖かい下着でペニスを包み込まれる。
 
「シコシコしたら、また男に戻っちゃうかな?」

 ぬちゃっ……、ぬちゃっ、ぬちゃぬちゃ!
 真里が激しく扱く。淫らな水音に混じり、樫田は喘いだ。
 男根は、かつての勢いで勃起する事は出来なかった。
 ペニスは中途半端にしか膨らまなかったが、内側は違った。
 膨らんでいく前立腺が、アナルプラグに圧迫される。
 
「あっ、ああぁっ、あぁっ!!」

「ほらほら、我慢汁も出てきて、もっとぐちゃぐちゃになってるよ!?」

 やめて、と樫田は何度か声を上げるが、興奮した真里がそれを聞き入れる事はなかった。
 半端な勃起のペニスだが、強引な刺激を受けて熱い物が込み上げてくる。
 
「うっ、あっ、いやっ、やだっ、やめてっ! 真里様っ! やめっ、ああぁっ!!」

 樫田は何故、自分が射精を拒んでいるのか分からなかった。
 正体は、『男の快楽』への嫌悪感だった。
 ぼろぼろと涙を流しながら、拒み続けたが、真里は一向に手を緩めなかった。
 どくん、どくん。
 僅かに硬くなっただけのペニスが、勢いのない射精を迎えた。
 真里が指の間でザーメンを糸を引かせて見せた。
 
「あーあ。女の子なのに、射精しちゃったねぇ。どうしようか?」

 はぁはぁと荒く吐息を漏らしながら、真里は口角を吊り上げた。
 女にしか見えない姿の樫田が、射精させられて泣いている。
 真里を悦ばせるには十分な状況だった。
 嗚咽混じりの声が「誰にも言わないで」と懇願する。
 ぺろりと精液を舐めてから、真里は穏やかな笑みを浮かべた。
 
「誰にも言ったりしないよ。ほら、そろそろ準備しないと遅刻しちゃう」

 
 

7.ぺニバン調教




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する