FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

7.ぺニバン調教


 指から始まったアナル開発は、着々と進んでいった。
 常時プラグを挿して過ごし、ディルドによってアナルを刺激される。
 すっかり性器と化した肛門で、樫田は絶頂を迎えられるまでに至った。
 
 貞操帯はその役目を終えていた。
 下着姿の知奈を前にしても、ペニスは微動だにしない。
 変わりに、アナルと乳首が酷く疼いている。
 知奈が樫田の身体に指を這わせる。
 敏感な所には決して触れずに、じわじわと性感への期待ばかりを高めていく。
 
「ふふっ、触ってもいないのに、こんなに乳首勃起させちゃって」

 その小さな突起に、息を吹かれると、樫田は小さく痙攣してみせた。
 
「触って欲しいのかしら?」

 乳首の周囲を円を描く様に撫でる。
 ぴくぴくと震えながら、樫田は熱っぽい息を吐いた。
 火照りが全身に広がっていく。
 気持ち良くして欲しい――。
 思考を満たす快楽への欲求に逆らえなくなっていく。
 自分で触りなさい、と知奈は冷たく言い放った。

「んっ、あ……はぁ、はぁ……」

 自身の指で乳首を弄び、樫田は身悶える。
 その間に、知奈は用意していたペニスバンドを下着の上に取り付けた。
 樫田の勃起出来なくなったペニスとは対照的に、太く雄々しい姿をしている。
 歩――メスと化した樫田に与えられた名を告げる。
 
「あ……そ、それ……入れるの……?」

 もちろん、と知奈は口角を吊り上げた。
 
「でもその前に、しなきゃいけない事があるでしょ? 私のちんぽに奉仕なさい」

 命じられるままに、知奈の前に跪く。
 擬似男根への奉仕に、抵抗はなかった。
 口を開き、赤黒い亀頭を口に含む。
 
「もう男でも何でもないわね。丁寧に舐めるのよ。これから貴方のお尻を気持ち良くしてくれる物なんだから」

 時折くぐもった呻き声を漏らしながらも、樫田は言われた通りにした。
 舌や、口全体を使い、擬似男根へのフェラチオを行う。
 シリコンで出来たペニスを頬張る事に樫田はたまらなく興奮していた。
 口への負担や息苦しさが、男根で支配されている様な感覚に陥らせる。
 うっとりとした目付きに変わるのを、知奈は見逃さなかった。
 もう十分、と知奈が腰を引いた時、樫田の表情は発情した雌のそれとなっていた。
 
 アナルとディルドにそれぞれ、たっぷりとローションをまぶす。
 濡れ光る擬似男根を見詰めて、樫田は生唾を飲んだ。
 
「さあ、お尻をこっちに向けなさい」

 知奈が自身の股間でいきり立つディルドを指先で撫でながら言った。
 熱っぽい息を吐きながら、樫田は四つん這いになり、尻を向けた。
 少し冷たい手の平が、腰を掴んだ。
 
「入れるわよ……」

 知奈の声音は相変わらず冷たい印象を与えるが、わずかに興奮が見え隠れしていた。
 つぷっ。擬似男根の先端が、アナルを押し広げる。
 そのまま腰を進めて、知奈はペニスを深く突き刺した。
 
「くっ……うううっ……!!」

 襲い来る異物感に樫田は唇を噛んで必死に耐える。
 
「犯される快楽を身体にしっかりと刻み込んであげる」

 そう宣言して、知奈はゆっくりと腰を動かし始めた。
 


8.アナルセックス。犯される雌男



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する