FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

8.アナルセックス。犯される雌男


 知奈が腰を動かすと、結合部からは卑猥な音が響く。
 ずちゅっ。ぬちゃっ。
 ぺニバンに取り付けられたディルドが腸内に出入りする度、樫田は喘いだ。
 
「あっ、はぁっ、ああぁっ……!」

 擬似男根が、前立腺を捉える。
 ごり、ごり。
 
「あっ、ああぁっ、ううっ、き、気持ち良いっ、そこっ、ああぁっ!!」

 知奈は雌のスイッチを的確に、刺激する。
 ディルドの亀頭が前立腺を押し、圧迫する。
 身体の奥から、じんわりと広がる熱と快楽。
 樫田はだらしなく顔を蕩けさせ、涎を垂れ流した。
 ぱちんっ。
 知奈が手の平で、樫田の尻を打った。
 きつい口調で、一つ質問を投げる。
 
「貴方を気持ち良くしてくれているのは何?」

「あっ、ひっ、はぁっ、ちっ、ちんぽっ、ちんぽです! 女の子だから、ちんぽでっ、あぁっ、気持ち良く……うっ、うう!!」

 そうよね、と知奈は頷きながら、尻たぶを撫でる。

「それじゃあ次の質問。貴方のお尻は何のためにあるの?」

「ち、ちんぽっ、ちんぽ入れてもらうためですっ!! はぁっ、ああ!!」

 樫田は知奈の詰問に答えながら、興奮していた。
 自身が男であった事を思い返せば、さらに興奮してしまう。
 男根を受け入れる事を肯定し、悦ぶほどに、快楽が増していった。
 ディルドの出入りに合わせて、小さく揺れる樫田の包茎ペニスからは、おびただしい量の我慢汁が滴っている。
 知奈がそれに気付いて、手を伸ばす。
 男根の先端に指先が触れると、樫田はびくりと肩を震わせた。
 
「やっ、やだっ、やめて!!」

 真里に扱かれ、射精してしまった事を思い出していた。
 予想外にペニスに触れられる事を拒む樫田に、知奈は首を傾げた。
 
「どうしたのかしら? 以前はどこでもかしこでも、見っとも無く勃起していた癖に」

 腰の動きは緩めずに、声を掛けた。
 言葉こそ、辛辣であったが、純粋に疑問を訊ねている様だった。
 
「だ、だって、も、もう」

 時折喘ぎ声を漏らしながら、樫田は言葉を続ける。
 
「わ、私、女の子だから……!!」

 一瞬の静寂。肉のぶつかり合う音と、荒い息遣いが室内に響く。
 知奈は小さく、「そう」と相槌を打った後、言った。
 
「だったら、証明してみせなさい。……イケって意味よ」

 尻を引っ叩き、知奈は腰を振る速度を、一気に速めた。
 ずちゅっ! ぬちゅっ、ぬぷ!
 
「あっ、ああっ、うう、ああぁっ!!」

 全身に汗を滲ませ、背を反らせる樫田。
 響き渡る嬌声と、肉のぶつかり合う音。
 擬似ペニスは容赦なく、樫田を快楽の渦へと引き込んでいく。
 前立腺から響き渡る快感に、全身が染め上げられてしまう。
 
「あっ、おっ、お尻っ、もっと、もっと激しくっ! ああぁっ! 叩いてっ、虐めて!!」

 切なげに、さらなる快楽を求める言葉を発する。
 知奈が言う。
 
「躾けられてる癖に、命令するつもり?」

 腰を振り続け、彼女の呼吸もわずかながらに乱れていた。
 艶っぽく吐息を漏らしながら、「お仕置きが必要みたいね」と告げた。
 樫田のアナルがきゅぅと締まり、前立腺がゾクゾクと疼いた。
 背に温かく柔らかな感触が伝わる。
 知奈が、樫田に覆いかぶさっていた。
 耳元で、冷たく響く彼女の声。
 ――イキなさい。
 同時に、乳首を摘ままれ、引っ張られる。
 
「くっ、ううっ、はぁっ、ああああぁぁ!!」

 ビクンッ、ビクン。
 途方も無い興奮と快楽が爆発し、樫田の全身が痙攣を起こした。
 小刻みに震えたペニスの先から我慢汁がドクドクと溢れ出す。
 
「イッたのね?」

 知奈が樫田の胸を撫で回しながら、耳元で訊ねた。
 
「お、おちんちん入れられて、お尻でっ、イッ、イキました……はぁっ、はぁっ……う、うう……」

 合格よ、と知奈が微笑する。
 自身に覆いかぶさった彼女に、頭を撫でられる。
 絶頂の余韻と、心地良い手の平の感触。
 幸福感に身を委ねて、樫田は脱力し、熱っぽい息をゆっくりと吐いた。
 


9.これからのこと


スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する