FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

6.ご褒美に脚で皮を剥かれる


 若菜に教えられながら、次のテストへ向けて勉強に励む樫田。
 ご褒美への期待もあったが、そもそも彼女に逆らう事が出来ない。

「よし、それじゃ今日はここまでだ」

 若菜の声で、樫田は身体の力を抜いた。
 ふうと息を漏らして、鉛筆を走らせていた問題集に目を落とす。
 ここまでしっかりと何かに向き合うのは、初めての事だと思った。

「どうした、ニヤニヤして」

「い、いや……こんなにちゃんと勉強出来るのは、宮久保さんのおかげだと思って……」

「私が専属になったせいで、お前が余計に馬鹿になったと言われたら、嫌だからな」

 樫田は苦笑するしかなかった。
 
「まあ、とにかく、お前も真面目にやってるからな。ほら、今日のご褒美だ」

 ベッドに浅く腰掛けた若菜が、脚をジタバタと上下させる。
 首を捻る樫田に、正面へ座るように告げる。

「その前に、下半身は全部脱げ」

 愉しげな笑みを浮かべた若菜が、そう指示を付け加えた。
 おずおずと戸惑う樫田を急かす。
 先ほどまで勉強に集中していたせいか、強い羞恥に襲われていた。
 樫田が意を決してズボンに手を掛ける。
 自然とペニスに血が巡り始めてしまう。
 するりとズボンを下ろし、下着だけの姿になる。
 
「戸惑ったふりしていた癖に、ここはやる気になってるみたいだな」

 艶やかな唇を歪ませて、若菜が脚を伸ばす。
 つま先で下着の上からペニスを撫でた。

「ううっ、か、身体が勝手に……」

「虐められて気持ち良くなるのが癖になってるなんて、どうしようもないな」

 そう罵られても、勃起を鎮める事は出来そうになかった。
 下着を一気にずり下ろし包茎ペニスを露にさせる。
 皮を被ったまま、上を向いた男根が小さく脈打った。
 
「こ、ここに座れば良いんだよね……?」

 若菜が頷くのを見てから、樫田は、床に腰を下ろした。
 開いた脚の間に挟まり、後頭部に股間が来る格好だ。
 細い指が頬を撫でると同時に、ペニスがゆっくりと足で踏まれる。
 若菜の指が樫田の唇に触れる。
 
「口を開けろ。……そのまま丁寧に舐めろ」

 頭上から響く声に、背筋をゾクゾクとさせる樫田が口を開く。
 言われた通りに指を含み、舌を絡める。
 口内に感じる異物は、犯されていると言う倒錯的な興奮を樫田に与えていた。
 指を舐めさせながら若菜はペニスを両足で挟み込んだ。
 矮小な男根を圧迫される感覚に、樫田がくぐもった呻き声を上げる。
 それでも若菜は指を引き抜くことはしなかった。
 亀頭の辺りを挟んだ足を、ゆっくりと根元へ向けて下ろしていく。
 
「んぐっ、んんっ、ん……!」

 じわじわと包皮を剥かれていく感覚に、樫田はビクビクと身体を震わせている。
 
「どうした? 口の中を指で犯されながら、ちんぽの皮剥かれて興奮してるのか?」

 羞恥と被虐を煽る言葉が、樫田の興奮をますます滾らせていく。
 
「ほら……しっかり感じておけよ。もうちょっとで剥き終わる」

 溢れ出した我慢汁に濡れ光る亀頭が、完全に露出する。

「んっ、んんんーっ!!」

 たまらない快感だった。
 脚で包皮を剥かれていると言う興奮が、そこを敏感にしていた。

「こんなに惨めな状況でも気持ち良くなるなんて、頭は良くなっても、変態は直りそうにないな」



7.搾りつくして

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する