FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

淫靡な試練#10


 海斗の身体に跨る沙織が、熱っぽい吐息を漏らす。
 体内に感じる熱く滾った男根の脈動を感じ取ってのことだった。
 ペニスに纏わり付く、淫らな蜜と柔らかな凹凸。
 激しい快楽に襲われ痙攣を続ける海斗の身に、変化が訪れる。

「うっ、うううっ、あっ、はぁはぁ、さっ、沙織……!」

 唾液を撒き散らしながら、淫らな悪魔と化した想い人の名を呼ぶ。
 それに応じるようにして彼女の秘部がきゅっと収縮する。
 海斗の身に寄生したスライム娘の一部が、射精の禁を解く。
 熱い物がじわじわと込み上げ、尿道へと侵食してくる。
 待ち焦がれていた射精。その予兆を感じ取って、海斗は恍惚とした。

「海斗くん。大丈夫……分かってるよ……」

 沙織は彼の身体に腕を伸ばして、指先を愛しげに這わせる。
 優しげな声音で囁きながら、彼女は口元を妖しく歪めた。

「情けなく犯されながら、ザーメンびゅってしたいんだよね?」

 沙織がゆっくりと腰を上げる。
 火照った媚肉がペニスを撫で擦りながら、締め上げる。

「あ、あ、ああ……!」

「抜けるギリギリの浅い所で繋がってるの、分かるよね? 一気に腰を落としたらどうなっちゃうかな……」

 海斗に問うと言うより、その先にある快楽を期待して、無意識に口走ってしまったような声音だ。
 ぼやける視界に、淫靡に微笑む沙織の姿を捉えた次の瞬間。
 彼女は一気に腰を沈めた。
 ぬぷぷぷっ……!
 淫らに蠢く蜜壷に肉棒が飲み込まれていく。
 ひだや凹凸は、ペニスを味わうかのように、纏わり付いて、耐え難い快楽をもたらしていた。
 亀頭が何かに当たる感覚を認めると同時に、海斗は絶頂へ至った。
 ぶびゅるるっ、びゅるる!
 大量の白濁液を、沙織の膣内にぶちまける。

「あはっ……出ちゃったね、海斗くんの、精液」

 うっとりとした声音でそれを告げながら、沙織が腰を振り始める。
 果てたばかりの敏感な男根を容赦なく媚肉で扱き上げる。

「あっ、く、うっ、あ、ま、待ってっ……!」

 膣壁に亀頭を擦り付けられながら、海斗は声を上げる。
 ペニスから全身へと響き渡る快楽は、途方もなかった。
 手足をまともに動かすどころか、呼吸にすら困るほどだ。

「怖がらなくて良いんだよ。何も考えられなくなるくらい、気持ち良くなって?」

 時折色っぽく吐息を漏らすが、沙織の表情には余裕があった。
 一方的に犯されていることを認めずにはいられなかった。
 襲い来る快感に悶えながら、海斗は半ば無意識に腕を伸ばす。
 沙織の動きを止めようとしてのことだった。

「止めてあげない。もっと私に犯されてよ。ほら……見て?」

 震える腕を伸ばす海斗に向けて、沙織がスカートを捲り上げる。
 淫靡な液体に塗れた結合部を目の当たりにして、彼は動きを止めた。
 沙織が腰を振るたびに、ぬちゃぬちゃと粘着質な音が響く。
 雌を感じさせる生々しい性の匂いが鼻腔を突き抜ける。

「あっ、あああぁぁっ、さっ、沙織っ、ま、またっ、イッ、イく!!」

 絶叫のような宣言に続いて、白濁液が放出される。
 それを受け止めつつも、沙織は腰の動きを止めようとはしなかった。

「いっ、いやっ、も、もうやめっ……!」

 泣き出しそうな声音で、訴える海斗だが、それは沙織の嗜虐心を煽るだけだった。

「止めてって言うけど、おちんちんはずっと硬いままだよ、海斗くん」

「あっ、う、うう……ほ、ほんとうに、もうっ、もっ、ああ……!」

 あまりにも激しすぎる快楽に怯える海斗は、逃げ出そうと四肢をバタつかせる。
 ペニスは肉壷に締め上げられ、全身に甘い痺れが走る。
 そんな状態で沙織を引き剥がすことなど出来るはずもないが、そうでもしなければ気がどうにかなってしまいそうだった。
 海斗の姿をうっとりと見つめていた沙織が、愉しげに口角を吊り上げる。

「わがままな海斗くんには、意地悪なことをしちゃおうかな……ほら、良く見ていて」

 その言葉に視線を向けた海斗が、目を見開く。
 沙織の白い肌が薄っすらと青く染まり始めていた。
 肉棒に纏いつく媚肉の感覚も、より柔らかなものへと変化していく。

「あ、ああ……ま、まさか……!」

 薄青色に染まった身体は、半透明に変じていった。

「ふふ……。海斗くんが必死に戦ってきた悪魔のお姉さんと同じ姿で犯してあげる」

 性器を繋げたまま、沙織は着ているものを脱ぎ捨てていった。
 全裸になると余計に人間らしさが感じられない。
 スライム娘となった沙織を見上げる海斗の思考は真っ白に消えてしまっていた。
 ハンターとしての戦意など、とうに削がれていたが、完璧に淫魔へと変異した姿を見せ付けられると、何も考えられなくなるほどの衝撃を受けずにはいられなかった。
 呆然とする海斗の太ももを、粘液が伝っていく。

「この姿なら、海斗くんの気持ち良いところをいっぺんに虐めてあげられるよ」

 沙織の身から滴り落ちた粘液は、海斗のアナルへと向かっていた。
 スライムがそこに注ぎ込まれる感覚。
 それは学園の玄関で、スライム娘の襲撃を受けた際の記憶を蘇らせていた。

「いっ、いやだっ、や、やめてくれっ、沙織……!」

「素直になってくれない海斗くんが悪いんだよ?」

 沙織が言いながら、上体をゆっくりと倒した。
 胸に、腹に、彼女の身体は吸い付くように密着する。
 全身を犯されてしまう。そんな恐怖と期待が海斗の脳裏を過ぎった。
 くにっ。
 腸内に押し入ったスライムは突起に形を変えて、前立腺を刺激する。
 快楽は弾けるように込み上げ、ペニスに甘い痺れが走る。

「ああっ、あっ、だ、だめ……!」

 疼くペニスが、脈を打ち、膨らむほどに、膣内の凹凸が絡み付く。
 ぺちぺちと音を立てながら、沙織が腰を振ると、あっと言う間に精を吐き出してしまう。

「やっぱりお尻を虐められるのが好きなの?」

 海斗の耳元で妖艶な声音が囁き掛ける。

「あ、ああ、ち、ちがうっ、もう、うくあっ、やめてくれっ」

 ぐりっ。
 今度はより強く、スライムが前立腺を圧迫する。
 大きく身体を跳ね上がらせながら、海斗はまたしても沙織の体内に精液を放つ。

「ふふ……好きなんだよね? 今もエッチなスイッチを押したら、おちんちんから白いのがびゅって出ちゃったよ?」

「いっ、いやだっ、もう気持ち良くしないでっ! も、もうおかしくなるっ!!」

 泣き喚く海斗に対して、沙織は静かに囁く。

「いいよ、おかしくなっても。それでも私が可愛がってあげるから」

 背筋を伝うゾワゾワとした感覚。
 支配されるどころか、壊れるまで犯されてしまう。
 そんなことを予感させた言葉に、海斗は一瞬黙り込む。
 次に彼の口からあふれ出たのは、あられもない嬌声だった。
 沙織はスライム状の身体を自在に操り、彼を責め立てていた。
 
 柔らかな凹凸でペニス締め上げる彼女の膣は、人には不可能な動きをしていた。
 腰を揺らすことなく、身体はぴったりと海斗に密着したまま、肉棒を扱き上げる。
 秘部は独立しているかのように蠢き、時折捻りの動きを加えながら、何度も上下する。

「ああっ、あ、ああ、やっ、でっ、でるうっ……!」

 淫魔の身体を持つ沙織には、海斗が射精するタイミングを把握出来ていた。
 その瞬間に合わせて、前立腺をぐりぐりと押し込んだ。

「ひっ……ひいっ、ああああぁぁっ!!」

 ぶびゅっ! びゅっ! びゅっ!
 膣の奥底に叩きつけるような勢いの射精。
 魂まで抜けていくようなその快感に、白目を剥く海斗だが、休む間など与えられるはずがなかった。
 密着している沙織の上体にも変化が始まる。
 妖しく蠢く彼女の身体から伝う感覚。
 それは、まるで無数の口に全身を吸われているようだった。

「あっ、ああっ、やっ、やだっ、ああぁっ……!」

 柔らかな唇が、腕を、腹を、胸を犯していく。
 小さな突起にもその感覚は襲いかかってくる。
 乳首に吸い付かれた海斗は蕩けるような嬌声を上げて、精を漏らしてしまう。
 尿道を駆け巡る白濁液に撫で上げられる快楽神経。
 脳へと伝うその膨大な快感によって、海斗の精神は真っ白に塗りつぶされてしまう。
 全てを快楽に包み込まれながら、彼はもう元には戻れないことを自覚した。
 
 心地良い浮遊感に包まれ、貪られるままに精を漏らす。
 一筋の涙が横顔を伝ったのを最後に、海斗の反応は薄くなっていった。
 
 射精を迎える瞬間に小さく呻く程度で、あとは虚ろな顔をしているだけだ。
 海斗がそんな状態に陥っても、沙織は構わず彼を犯し続けた。
 身体を人に戻したり、再びスライムになってみたりと、あらゆる方法で想い人の肉棒を貪るように味わった。

「んっ……ふふっ……海斗くんの精液でお腹がいっぱい……」

 海斗は薄れいく意識の中で、沙織のうっとりとした声を最後に聴いた。



 頼りにしていた若者の完全な敗北を目の当たりにした淫魔ハンターらは、すっかり戦意を削がれていた。
 中には敗北の光景を食い入るように見つめて、股間を膨らませている者もいた。
 スライム娘は、そんな状態の彼らから軽く精を搾り取り、深い敗北感を刻み込んだ。
 海斗が所属していたハンターギルドは、壊滅には至らなかったものの、大きく戦力を削がれることとなった。
 目的を完遂したスライム娘は、沙織と海斗をギルドから連れ出した。
 後は好きにして良いと沙織に告げて、彼女は去ってしまう。
 残されたのは、淫魔と化した少女とゲームに敗れた少年だ。



 一週間が経った頃、二人はこれまでと変わらずに学園に居た。
 廃人と化した海斗を回復させるのに、沙織が得た淫魔の力は十分なものだった。

「海斗くん、そろそろ帰ろうか」

 ギルドでの出来事が嘘だったかのような空気を纏い、沙織が声を掛ける。
 それに応じる海斗の様子は、どこにも不自然なものはなかった。
 まるで、淫靡な試練の日々をすっかり忘れてしまっているようだった。
 談笑を交わしながら、二人は玄関へと向かう。
 ふと、海斗が動きを止める。

(この場で、何かがあった気がする。大事な……)

「どうしたの? 海斗くん」

 沙織の言葉にハッとして我に返る。
 下から顔を覗きこむ彼女の笑みが、何故か淫らな情景を過ぎらせる。
 鼓動を早くさせながら、うわ言のように海斗が告げる。
 何か忘れている気がする、と。
 沙織は小さく笑い、こう言った。

「私はどっちの海斗くんも好きだから。ずっと見てきた格好良い君も、壊れちゃった君も、好きだよ」

 今の海斗には、その言葉が何を意味しているのかは理解出来ない。
 思考とは別に肉体は沙織の声音に応じるように、疼き始める。
 前立腺と睾丸がジンジンと甘く痺れ、あっと言う間に勃起してしまう。
 硬くなり上を向いたペニスからは先走り汁が滲み出る。

「今日も帰ったらいっぱい遊んであげる。大丈夫、明日には忘れて元通りだからね」

 ぼやける視界の中で、沙織が妖しげな笑みを浮かべる。
 高鳴る鼓動と、心地良い疼きに苛まれながら、海斗は訳が分からぬまま、熱っぽい息を漏らした。
 玄関の大きなガラス扉の向こうで、日が沈もうとしている。
 
 想いを寄せる少女の性玩具と化した海斗の、長く淫靡な夜が始まる――
 
 
おわり




M男向け官能小説、まだまだあります。
販売中の同人小説、ジャンル別一覧記事です。
 学園物、学生ヒロイン
 淫魔、モンスター娘
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。