FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

覗きのお仕置き、魔性の水泳部#前

 蝉の鳴き声。うだるような暑さ。
 青々と茂った葉が風に吹かれて擦れ合う音。
 夏休みの事だった。
 補習授業を受けるべく訪れた人気のない校舎。
 外村達夫(そとむら たつお)は、校庭から響く運動部の掛け声を耳にしながら、邪なひらめきに劣情を膨らませていた。
 プールに最も近い体育用具室の小窓から双眼鏡を使えば、女子水泳部が練習に励む姿を覗けるのではないか――。
 
 翌日、早速双眼鏡を持ち込んだ。
 そわそわしながらも補習を済ませ、帰宅する振りをして用具室に向かう。
 達夫の目論見は上手くいった。
 
 水泳の授業は男女に分かれて行われる。
 冴えない達夫には、異性と共に海やプールに出かける機会もない。
 思春期以降、初めて目にする同世代の水着姿。
 競泳水着に包まれた瑞々しい肢体。
 達夫は激しい劣情に襲われていた。
 覗き行為に対する背徳感も興奮を煽っている。
 ペニスは一瞬の内に勃起していた。
 達夫はそれをズボンの上から撫でる。
 撫でながら、女子水泳部の姿を食い入るように見つめる。
 その内、ズボンの上からでは物足りなくなってきた。
 
 ズボンを少しだけ下ろし、勃起した包茎ペニスを露にする。
 それを握った達夫の身体は、快感に打ち震えた。

 双眼鏡越しに見る、同じ学園に通う女子の水着姿。
 それは見ず知らずの女がセックスをしている動画よりも、ずっと扇情的だった。
 息を切らした達夫が男根を扱き始める。
 二、三擦りしただけで、射精が迫ってくる。
 一度双眼鏡を下ろし、ポケットティッシュを取り出す。

(よ、よし、これで……)

 最高のオカズで果てようと、男根を扱く手の動きを早める。
 その時だった。
 達夫の肩に手が置かれた。
 
「ひ、うっあぁ!?」

 彼は驚愕の声を上げて振り向いた。
 背後に立っていた人物の顔を見て、さらに声を上げる。
 都築沙智(つづき さち)――水泳部の部長だ。
 全校朝礼の際に良く表彰されている。
 そうでなくとも、一目で記憶に刻み込まれる美しい容貌の持ち主だ。
 部外者の達夫でもすぐに顔と名前が一致する。
 
 彼女がここ居る。
 プールを覗きながらオナニーに耽っていた達夫の前に居る。
 興奮で上気していた顔は、たちまち青ざめた。
 心拍数が跳ね上がり、汗が全身から噴出す。
 沙智は静かに問い掛けた。
 
「今、覗いていたよね?」

 双眼鏡を首から下げていては、言い訳出来るはずもない。
 達夫は何も言えなかった。
 
「以前にも似た事があってね。用具室に人影があったから、気になってここへ来てみたんだ」

 静かな声に、俯く。沙智の顔を見ていられなかった。
 下げた視線の先には、自身の縮こまったペニスがあった。
 慌ててそれを両手で隠す。
 沙智は、気にした素振りも見せずに、話を続ける。
 
「その時の彼は体育教師に散々殴られた後、退学になったけど……君はどうする?」

「ご、ごめんなさい……!」

 達夫がようやく、謝罪の言葉を口にした。

「私は所用で遅れて来たんで、これから練習に加わる所だったんだ。謝るなら、プールにいる子達に対してだ」

 達夫はうなだれたまま頷いた。
 頭の中は未だ真っ白に近い。
 謝罪の言葉も反射的に出てきたようなものだった。

「この後どうするかは先生が決める事だけど、今日は休みなんだ。このまま帰す訳にもいかないし、とりあえず一緒に来てもらう」



 沙智は部員を更衣室に集めて、達夫の罪を告げた。

「この……っ! 変態根暗野朗が」
 
 罵声と共に突き飛ばされ、達夫は尻餅をついた。
 手を出したのは、副部長である紙野詠子(かみの えいこ)だった。
 沙智に負けず劣らずの端整な顔を、嫌悪と怒りで歪めている。
 達夫は困惑した。
 落ち着き払った沙智と、詠子は正反対だ。
 同時に、自業自得と理解しつつも、周囲から向けられる敵意に恐怖した。
 
「す、すいません、ごめんなさい!」

 達夫は謝罪を繰り返し、無意識の内に頭を守るように丸まっていた。
 罪の意識が大きくなるほど、叱責への恐れも膨らんでいった。

「悪いと思ってるなら、同じ目に合ってみるか?」

 詠子が強引に頭を覆う腕を引き離す。
 次いでシャツに手を掛けた。
 達夫は早口言葉のように謝り続けるばかりだ。
 詠子の思惑に勘付いた他の部員もそこへ群がる。
 
 達夫も気が付いた。
 彼女達は制服を剥ぎ取ろうとしていた。
 
 いくら罪を認めていても、裸にされるのは嫌だった。
 抗う達夫が身体を揺らしてもがく。
 手の甲が女子の胸に当たった。
 達夫は、不可抗力であった事を示そうと身体の力を抜いた。
 罪を重ねる訳にはいかなかった。
 その隙に女子の手で裸にされてしまう。
 水着越しに触れた柔らかな乳房の感触に、達夫のペニスは勃起していた。
 それに気付いた一人の女子が、声を上げる。
 
「こいつ勃起してますよ! 紙野先輩!」

 達夫は慌てて、股間を隠そうとした。
 その手を詠子が掴み、吐き捨てるように言った。

「勃起しても皮被ってる子供みたいなちんぽの癖に、性欲だけは一人前か。このクズッ!」

「ご、ごめんなさい!」

 コンプレックスである包茎を大勢の女子に見られた。
 挙句、劣等感を刺激するような罵倒を受ける。
 達夫は今にも泣き出しそうな顔になっていた。
 沙智が口を開いた。
 
「そこらで止めだ。これ以上はこっちが加害者になる」

「でも……!」

 食い下がる詠子に、沙智は小さく唇を歪めた。

「……ここからは、彼に決めてもらおう」

 沙智はしゃがんで達夫に目線を合わせた。
 他の部員に比べ、彼女は落ち着いている。
 にも関わらず、その瞳は誰よりも嗜虐的だった。
 じっと見つめられると背筋が震え始めた。
 怯える達夫に沙智は静かな声音で言った。
 
「公にされるか、私達に裁かれるか……好きな方を選んで良い」

 達夫は生唾を飲み込んだ。
 公にする――教師に告げられる。
 叱られるのは当然、下手をすると親にまで話が届く。
 それを思うと、達夫は腹が痛くなるのを感じた。
 どんな顔をして、家で過ごせばいいのか、想像も出来なかった。
 
「せ、先生には……言わないで……ください……」

 震える声で達夫が言った。
 獰猛な捕食者めいた瞳が、すうっと細くなった。
 沙智は淡々とした調子で告げた。

「良いだろう。君には水泳部のマネージャーをやってもらう事にする」

 予想外の言葉に、達夫は呆けた声を漏らした。
 もっと酷い目に合わされる物だと思っていた。
 安堵の息を漏らす達夫だが、それはまだ早いとばかりに沙智が言う。

「ただし、性欲を理性で抑えられない君には、それなりの処置をする。間違いを起こされては困るからね」

 処置――達夫の心が不安に揺らぐ。
 沙智の言葉を受けて、女子部員らが達夫を押し倒し、四肢を拘束する。
 腕が胸に抱きしめられる。
 脚に跨り太ももできゅっと締め付ける。
 水着越しとは言え、乳房や女性器が密着している。
 柔らかな触感に達夫はペニスを硬くさせ、上を向かせた。
 発情を深める達夫の肉体を見下ろして、詠子が問う。
 
「随分楽しそうだが、何をされると思ってる?」

 色に染まった思考は、『逆レ×プ』などと都合の良い言葉を脳裏に過ぎらせた。
 達夫はそれを振り払うように首を振って、声を上げた。
 
「いっ、いえっ、ご、ごめんなさい!」

「謝らなくて良い。ちょっと可哀想だと思ってるんだ」

 そう言って、詠子は背後の沙智へ振り返った。
 沙智は黒く光沢のある筒を握っていた。
 中心には縦の切れ目がある。
 良く見ると、それは意外に長く沙智のスカートの中へと伸びていた。

「なんだと思う?」

 問いながら、沙智は切れ目に指を入れた。
 達夫の目には、妙に淫靡な動きに見えた。
 
「私の尻尾だ」

 引き抜かれた指は粘液に濡れて、てらてらと光っていた。
 
「聞いた事あるかな。淫魔――人を快楽の虜にし、男の精を糧とする悪魔だよ」

 おかしな光景に目を奪われていた達夫が、詠子の言葉にハッと息を飲む。
 視線を移す。彼女の腰からも尻尾が伸びていた。
 静かな声音で沙智が告げる。

「人に紛れて暮らす魔物は君が思っているより多く居る。魔物らしく傍若無人に振舞ってなどいたら、あっという間に駆除されてしまうからな」

 容易に信じることは出来ない内容だ。しかし、冗談にも聞こえなかった。
 紺色の競泳水着に包まれた尻を扇情的に揺らす詠子が口を開く。

「さっきはごめんね? どうも私が模倣した人の性格が固くてね。本当はそんなに怒ってないよ~。むしろ見せてあげたいぐらい」

 彼を突き飛ばした時とは打って変わった、軽々しい態度。
 詠子が水着の首元に指を引っ掛けて、生地を伸ばす。
 豊満な白い谷間が視界に映り、達夫は目を見開いた。
 
「見ての通り、詠子は馬鹿だ。ぼろを出さないように普段は人格を書き換えさせている」

 人格を書き換える。そんなことが出来るのか。
 ――目の前に立つ二人の美少女には出来るのだろう。
 
 彼女達が正体を現してから、室内が淫靡な空気に満たされている。
 どれだけ魅力的であっても人間では、こうはならない。
 そこに存在するだけで周囲を魅了し、発情させる。
 魔性のフェロモンに当てられた女子部員達は、顔を上気させ、息を荒げている。達夫の四肢に触れる女体は酷く火照っていた。
 
 馬鹿呼ばわりに不服を唱える詠子を無視して、沙智は達夫へ告げる。

「この貧相なペニスを使い物にならないように処置をする」


覗きのお仕置き、魔性の水泳部#後

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。