FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お菓子にされる生殖器#前編

 3月15日の昼下がり。
 志田泰人(しだ やすひと)は、独りの自由を謳歌していた。
 一人っ子の彼を残して、両親は週末を利用して一泊二日の小旅行に出かけていた。

 寝巻きのまま、ソファに寝転んで買い込んだ菓子をほお張る。
 自堕落を体現するような格好だ。
 大きなあくびをしながら腹を掻く。
 父が見ていれば「顔を洗ってしゃっきとして来い」と言っただろう。
 今は泰人の体たらくにケチを付ける者はいない。
 
 手を伸ばした先の菓子袋が空になった事に気が付き、新たに封を切ろうとした時だ。
 呼び鈴が鳴った。
 居留守を決め込むかどうか迷う間もなく、玄関を開く音が泰人の耳に届いた。
 一歩一歩叩きつける様な足音が近付いてくる。
 こうも堂々と勝手に上がって来る相手は、家族以外では、一人しか考えられなかった。
 隣の家に住む幼馴染の少女――金井彩花(かない あやか)だ。
 泰人の読み通りに姿を現した彼女だが、その表情は予想していないものだった。
 怒りの滲む薄笑み。
 肩口で切り揃えられた栗色の髪。その毛先が小さく揺れる。

「お、おお……。どうしたんだよ、彩花」

 泰人は困惑しながら、当たり障りのないような声で訊ねた。
 それを受けて彩花は笑みを深めた。
 血色の良い顔の中でも、特に目を引く鮮やかな唇が歪む。 

(なんなんだ。何か怒らせるようなことをしたか……?)

 笑顔の奥から滲み出している怒りの念に気圧されながら、泰人は恐々と口を開いた。

「あ、彩花……?」

 彼女が問い掛けに応じるまでにはやや間があった。
 同級生と比べてどこか大人びた雰囲気のある端整な顔を見つめて、泰人は生唾を飲んだ。

「ふうん……。私の顔を見てもまだ思い出さないんだ?」

 言葉を詰まらせる彼に対して、彩花はカレンダーへと手を伸ばした。
 黙って指したのは3月14日。
 そこにあるのはハートマークとホワイトデーの文字。

「あ……!?」

 瞬間、泰人の脳裏に記憶が蘇る。
 バレンタインデーに無理を言って、彼女からチョコを貰った。何としても0個で終わるのは避けたかったのだ。
 懇願するにあたって、絶対にお返しするからと約束していた。
 見る間に青ざめていく泰人を見て、彩花が数度頷く。

「すっ、すまない!」

 両手を合わせると同時に頭を下げる。
 泰人にとって、彼女は怒らせてはならない相手だった。
 あられもない姿を幾度となく見られている。写真も撮られている。
 交際関係はないが、破廉恥な行為を一方的に受けていた。
 
 恐々と顔を上げた泰人に対して、彩花は表情を変えぬまま言う。

「お風呂」

「え……?」

「入ってきて」

 威圧的な笑みに負けて、泰人は慌てて何度か頷いた。



「あ、彩花……何を……」

 風呂から上がった泰人の身は、彼女によってベッドに押し倒されていた。

「何って……くれないなら、こっちから貰っちゃおうと思って」

 泰人の身体に跨る彩花は、そう言いながら笑みを浮かべた。
 髪を耳に掛けて、ゆっくりと上体を倒す。
 目をぱちくりさせていた泰人だったが、彩花の意図を察してまぶたを閉じた。
 瑞々しく柔らかな唇が押し付けられる。
 ドクンッと泰人の鼓動が高鳴った。
 短いキスを終えて、彩花はすぐに身体を起こした。
 赤い顔をした泰人が問う。

「今のが……ホワイトデーのお返し……で良いのか……?」

 彩花は薄笑みを浮かべて彼を見下ろしながら言う。

「泰人って、意外とロマンチスト?」

 じっと彼を見つめたままで、腕を伸ばす。
 胸元にしなやかな指を這わせる。
 指先でゆっくりと、Tシャツの上から乳首の周囲を撫で始めた。

「そんなことで満足出来るような関係じゃないでしょ?」

 くすっと笑った彩花の表情には淫蕩めいたものが浮かんでいる。
 泰人は、ますます顔を赤く染めながら、その手を払い除けることはせずに、じっと耐えた。
 彼女の機嫌を損ねるような真似は出来なかった。
 
 白い指は乳首を直接刺激することなく、乳輪の輪郭をなぞっている。
 Tシャツの生地が僅かに擦れて、じわじわと疼き出す。
 まだ触られてもいないのに、小さな突起は硬く膨らんでしまった。

「う、うぐふうう……彩花……」

 泰人が耐え切れず、声を漏らした。
 乳首で喘ぐ、情けない幼馴染に対して、彩花は「見て」と声を掛けた。
 彼女は勃起を際立たせるように、二本の指で生地を伸ばしていた。
 視線を向けた泰人の目に映る、ぷっくり浮き出た突起。

「は……あ……」

 火照った息を漏らした彼に、彩花は腕を上げるように告げた。
 Tシャツを脱がせる為だった。
 泰人の上半身が露になる。
 腹に馬乗りになっていた彩花が、身体を浮かせて足元の方へと下がった。
 丁度、泰人の股間に座るような形となった。
 柔らかな尻に潰されたペニスは、ガチガチに硬くなっていた。
 彩花は、その感触を愉しむように腰を揺らす。

「あうっ、う、あああぁ……」

 泰人の口から情けない声が上がった。
 心地良い響きにうっとりしながら、彩花が上体を寝かせる。
 整った顔を胸元に寄せられ、泰人は興奮した吐息を漏らした。

「こんなに乳首勃起させて、変態みたいだね、泰人」

 軽やかに紡がれた罵倒の言葉が、被虐的な興奮をくすぐった。
 彩花の瑞々しい唇が、ツンと尖った乳首に触れる。
 柔らかく温かな触感に、泰人は呻き声を上げた。
 上目遣いに彼の様子を伺いながら、彩花が舌を伸ばす。
 湿ったものが乳首に触れる。
 泰人は堪らずに喘ぎを漏らして、身を震わせた。
 胸で感じてしまうなんて、女のようで恥ずかしい――僅かに残る理性が訴える。それを粉砕してやらんとばかりに、彩花が舌を揺らす。
 口に軽く含んだ乳首を、舌先で小刻みに嬲る。

「あっ、あああん、あああぁっ……」

 痺れるような甘い快感に、情けない声を止めることが出来ない。
 彩花は口に含んだのとは別の乳首を指で摘んだ。
 そっちをコリコリと指先で転がし、口元のそれをちゅうちゅうと吸う。
 胸に広がる快感が泰人の身体を蕩かしていく。
 彩花の尻に潰されたペニスが大きく脈を打つ。
 それを認めて、彼女は乳首に吸い付いたまま、愉しげな息を吐いた。

「あううっ、う、くうう……!」

 泰人が苦しげに呻く。
 ペニスを刺激されるのと違って、終わりが見えない快感に悶える。
 刺激に慣れることも許されなかった。
 彩花がちゅぱっ、と音を立てて口を離す。
 唾液に濡れ光る突起に向けて、今度は大振りに舌を這わせる。
 乳輪からやや離れた位置に舌を押し当てる。ゆっくりと乳首目掛けて顔を動かす。
 軟体生物が胸元を這っているような触感に、泰人は背筋をゾクゾクと震わせた。
 やがて乳首に至ると、快楽を刻み付けるように舌で舐め上げた。

「あっ、あああ……あ、彩花……!」

 左手に責められる乳首には爪を立てられている。
 小刻みに優しく引っ掻かれる度に、甘い痺れが込み上げていた。
 艶やかな口と手が奏でる快楽は、泰人を絶え間なく翻弄する。
 ビクビクと痙攣する身体に蓄積されていく快感。
 彩花は、泰人の身にしっとりと汗が滲むまでたっぷりと乳首を愛でた。
 身体を起こした彼女が指の腹で両胸の突起を弄びながら笑う。

「ふふっ、もうすっかり顔が蕩けちゃってるね」

「う、ふうう、ああ……あ、彩花……」

「どうしたの? 切ない声出して……もしかして、こっちも虐めて欲しくなっちゃった?」

 言いながら、彼女が腰を前後させる。
 押し潰されるペニスが摩擦されて、快感が込み上げる。

「あ、あああっ、あ、彩花、お願い……!」

「お願い? ふふ、どうしようかなぁ……」

 そう言いながらも、彩花が足元へと身体を滑らせた。
 ジャージを脱がせて、トランクス一枚の姿にする。
 下着は大きく膨らんでいた。
 その先端には染みが広がっている。

「泰人のおちんちん、どうなっちゃってるのかな?」

 淫蕩な笑みを浮かべた彩花がトランクスに手を掛ける。
 初めての経験でないとは言え、女の子に一方的に喘がされた挙句、性器を露出させられるのは、羞恥を覚えずにはいられなかった。
 真っ赤な顔の泰人を上目遣いに見て、彩花が火照った息を吐いた。
 その直後、指を掛けていた下着をずり下ろした。

「あはっ、泰人のおちんちん、エッチな涎垂らしちゃってる」

 彩花が嘲るとおり、彼のペニスは我慢汁で汚れていた。
 着衣で擦られていたことで、あちこちに伸びている。
 泰人に腰を上げさせて、トランクスを脚から抜き取る。
 全裸になった彼の股間に顔を近付け、彩花は愉しげに言う。

「おっぱいペロペロされて、こんなに濡らしちゃうなんて、本当にいやらしい」

 彼女の指は泰人の下腹部に触れていた。
 我慢汁を塗り広げるように、そこを撫でている。
 すぐ近くを触られながら、ペニスへの刺激は焦らされている。

「彩花……た、頼むよ、も、もう……」

「ふふ、触って欲しい?」

 問いに対して、泰人は何度も頷いて見せる。
 その様子に満悦しながらも、彩花は悩むように頭を傾けた。

「どうしようかな……。泰人、絶対にお返しするなんて言って置きながら、忘れてたしなあ……」

「う、うう、本当に悪かったよ、だ、だから……!」


お菓子にされる生殖器#後編

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。