FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

闇とシコシコ#13

「そ、そんな、あ、茜……」

 射精寸前で刺激を絶たれたおちんぽが、ジンジンと疼く。

「あ、茜、茜ぇ!!」

 何度名を呼んでも、茜はおちんぽへは手を伸ばそうとしなかった。
 
「一人で気持ち良くなっちゃうから。郡山くんは、見てるだけ」

 そ、そんな……そんなぁぁあぁっ!!
 一度は諦めた手を解こうと身体を動かすも、やはり拘束は強固だった。
 乳首のローターだけで果てる事は、今の俺ではまだ出来そうにない。
 やはりおちんぽへの刺激が必要だ。
 だが、足に乗られているので、身体の向きを変え、おちんぽをベッドに擦り付ける事も出来ない。
 どうあがいても、射精不可能。
 
「あ、ぁぁっ、茜ぇぇ!! 謝る、謝るからぁっ!!」

 俺へ一瞥もくれず、茜は自身の下半身をじっと見ていた。
 やがて、スカートに手を入れた。
 射精欲求を一瞬忘れ、俺はその光景を食い入るように見つめた。
 互いの荒い息だけが、フーッ、フーッと部屋に響きわたる。
 
「ん……んっ、ふぅ……入っちゃった」

 クリトリスにでも固定していたのであろう、ローターを膣に挿入した、と言うのだろうか。
 茜が淫らに笑い、言う。
 
「私のおまんこ一番乗りは、あっ、んっ、郡山くんのおちんぽじゃなくて、あぁ、はぁ、はぁ、おもちゃだったね」

「あっ、あぁぁぁぁっ!! 茜ぇぇぇっ!!!」

 血が頭に一気に上るのを感じた。俺はがむしゃらに身体を動かした。
 拘束を解く為にではなかった。
 悔しさと劣情がごちゃ混ぜになった、俺の感情が、身体を勝手に動かしていた。
 動じた様子もなく、茜は自らの快楽を貪る事に夢中だ。
 スカートをめくり上げ、ローターの代わりに、指でクリトリスを慰め始めている。
 癇癪を起こした子どもが、お気に入りのぬいぐるみを与えられたかの様に、俺は身体の動きを止めた。
「ふーっ、ふーっ」と荒い息を吐きながら、少しでも茜の自慰を堪能しようと、目を凝らす。

「ふ、んっ、あ、あぁ……郡山くん……気持ち良い……あぁっ、あっ」

 扇情的な光景を前にしながら、おちんぽには一切の刺激がない。
 喜べば良いのか、悲しめば良いのか。
 混乱した頭で、俺は思った。
 気持ち良さげにおまんこを弄くる茜が羨ましいと。
 それを見抜かれていたのか、茜が手は止めずに、俺の耳元に顔を寄せて、言った。
 
「ん、ふー……郡山くん、絶対に、抵抗しないなら、んっ、気持ち良く、してあげる」

 これを逃せば、射精のチャンスはないと、俺は思った。
 
「わ、分かった、絶対に抵抗しない……」

 茜はもう一度、抵抗してはいけないと、釘を刺し、両手の拘束を解いた。
 次いで、俺は茜にお尻を突き出すようにして、四つん這いの格好を取らされた。
 肛門まで丸見えである事への羞恥と、これからされる事への期待で、俺の身体は小刻みに震えていた。
 
「ん、ん……ふーっ、はぁ……」

 背後で、茜が苦しげに息を漏らした。
 何をしているのか気になったが、ここで振り返ったりすれば、今度こそ射精への道が閉ざされてしまう。
 俺は黙って待った。
 ぬるり、とした感触が、肛門に触れた。それは、小刻みに振動していた。
 
「あ、茜……?」

「私の中に入っていたローター……ここに入れちゃうね。力、抜いて?」

 肛門を押し広げ、ローターが侵入してくる。
 
「あ、あぁぁぁっ、茜ぇぇ……うっ、あぁ……」

 小型の物だったのが、良かったのか、茜の愛液にまみれていたのが良かったのか、俺の肛門はローターを飲み込んだ。
 腹の異物感に、俺は身体を震わせ、全身に汗を滲ませた。
 深呼吸を繰り返し、その感覚に身体を慣らす。
 少しか異物感が和らいでくると、ローターの振動が心地よくなってきた。
 
「うっ……あ、あ。あぁ……ふー……ふー……」

 黙って俺の様子を見ていた茜だったが、落ち着いて来たのを見計らって、上体を持ち上げた。
 膝立ちの格好を取らされていた。
 アナルへの刺激に気を取られていた為か、硬さを失ったおちんぽから、ぱんてぃがすべり落ちた。
 
「こっちも、気持ち良くしてあげる」

 茜の細い指がおちんぽに優しく絡みつき、上下にしごく。
 待ち望んでいた刺激に、おちんぽはすぐに硬く上を向いた。
 茜はそこに、ローターを再び取り付けた。
 
「うくっ、あっ、あぁっ!」

 それだけで声を上げた俺に、茜が追い討ちをかける。
 するりと、足から抜き取った靴下を、おちんぽに被せたのだ。
 それだけではない。
 背後に回りこんだ茜は、おちんぽから離れたぱんてぃを、乳首にあて、愛液を塗りこむように円を描く。
 快感に悶えながら、茜の名を叫ぶ。
 
「……しゃぶって」

 冷たく言い放ち、茜が俺の口に左手の指を突っ込んだ。
 
「ひゃぁ、はふぇ……ぁ、ぁぁ……」

 少し冷たい指先を舌でなぞりながら、俺はその言葉に身体を震わせた。
 茜は俺の手を取り、乳首に押し当てていたぱんてぃを掴ませた。
 後は自分でやれと言うことか。
 俺は茜にされていたように、ぱんてぃで乳首をこね回した。
 痛い程に勃起した乳首を、摘まみ、擦り、快楽を貪る。
 茜が、空いた右手を俺の身体に回し、向きを変えるように、指示を出した。
 
「良く見える。二人とも、気持ち良さそうな顔してる」

 姿見に、俺達の姿が映っていた。
 俺はおちんぽに靴下をはめられ、尻からはローターのコードを伸ばし、ぱんてぃで乳首を弄っていた。
 どう見ても変態だ。
 それを茜が仕立てたと考えると、激しく興奮した。
 俺は唯一許可されている乳首への刺激を、さらに強めた。
 
「くすっ……必死だね。んっ……可愛い……あっ、あぁっ……」

 茜は右手を自らの秘部に伸ばしていた。
 気づけば、鏡越しの相互オナニーになっていた。
 
「ああぁ、あひゃえぇ……」

 茜の名を呼ぼうとして、俺はだらしなく涎を垂らした。
 
「ちゃんと舐めて。もっと、んっ、必死に乳首いじって。あぁっ……そう、凄い……いやらしい……んっ」

 茜の声が徐々に切羽詰ったものに変わり始めていた。
 
「私じゃなくて、私の物に……んっ、ん……犯されて、あんっ、気持ち良くなっちゃうなんて、いやらしい……」

 茜が黙ると、互いの吐息と、敏感な突起を弄る音だけが、部屋に響いた。
 しばしその状態が続いていたが、茜が沈黙を破った。




最終話はこちら
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。