FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

闇とシコシコ#最終話

「あっ、はぁ、はぁ……イキたい? 精液、びゅーってしたい?」

「あ、あえぇあぁ……ああぁ……」

 自分でも何を言っているのか聞き取れないと思いつつも、茜には伝わったようだ。
 
「良いよ。でも、ん、んんっ、私が先だから……あっ、あっ……」

 茜が俺の口から指を抜き取った。
 その手を俺の身体に回し、しがみつくようにして、快感に崩れそうになる身体を支えた。
 嬌声の間隔が狭まり、やがて茜は果てた。
 その姿を鏡越しに見ていた俺も、限界だった。
 精神的にも、おちんぽ的にも、これ以上は我慢出来なかった。
 ここで焦らされれば、間違いなく約束を破ってしまう確信があった。
 
「あ、茜ぇ……お願いだ、イカせて……茜……」

 茜は荒い息を吐きながら、ベッドを降りて立ち上がった。
 
「良いよ……はぁ……でもね、郡山くん。あんなに我慢したのに、君は呆気なくイッちゃうの」

 白く細い足が、ゆっくりと持ち上がる。
 ようやく許可された射精の予感に、俺は喘ぎ声を漏らした。
 
「踏んですらあげない」

 足の裏が、靴下に包まれたおちんぽに触れるか触れないかの位置まで来た。
 射精したい。踏んで欲しい。なんなら蹴ってでも、とにかくおちんぽに刺激が欲しい。
 汗で張り付いた前髪をかきあげ、茜が言う。
 
「郡山くんは、靴下を動かされただけで、イッちゃうの」

 茜は足の指を曲げて、靴下の先端を摘まむと、足首を左右にひねった。
 合わせて、おちんぽが揺れる。
 靴下の生地におちんぽが擦られ、鋭い快感がわき上がる。
 喘いでいる内、揺らされる衝撃で、ローターの固定が外れた。
 靴下の内部をするすると滑り、金玉に当たった。
 予期せぬ刺激に、俺は声を漏らす。
 
「うぐっ、うぅぁ……」

「ふふ。金玉ブルブルされて、感じてる? 乳首も必死に弄って、可愛い。
 そろそろかな……。おちんちんから精液びゅーってする所、見せて?」

 そう言うと、茜は靴下をおちんぽごと、思い切り下へ引っ張った。
 すぐに、おちんぽが、元の位置に戻ろうとする。
 亀頭や鈴口が擦られながら、靴下からおちんぽが抜けた。
 ペチン、と音を立てて、おちんぽが腹に当たった。
 
「あっ、あぁぁぁぁっ、茜えぇぇ!!」

 それが引き金となり、天井目掛けて、大量の精液が噴き出した。
 アナルが幾度かきゅっと締まり、合わせておちんぽの先端から残り汁が零れ落ちた。
 
「イッちゃったね。……変態さん」

 茜が俺を押し倒すように覆いかぶさった。
 耳元で、ありがとう、と囁かれた。
 快感の余韻で、何のことかと一瞬思ったが、すぐに理解出来た。
 部屋には、柔らかな日差しが差し込んでいた。
 茜の左手を取り、目の前に持ってくる。
 そこに、呪いの印はなかった。
 俺は茜の身体を少し起こし、短い口づけをした。

「本当に良かった……」

「それはどっち? 今までしていた行為? 呪いが消えた事?」

「ど、どっちも……」

 やれやれといった風に、茜が息を吐いた。

「でも……私もその質問の答えは、どっちも、かな」

 茜の言葉に、おちんぽが再び立ち上がったのは言うまでもない。
 それを下腹部に感じた茜が、少し身体を浮かせた。
 見つめ合う俺達。
 互いの鼓動が高まっていくのを感じる。
 
(これは……。このままセックスまでいけるか……!?)

 茜の表情も、満更ではないように見えた。
 しかし、俺は知らない。
 呪いが打ち払われた事で、体力を取り戻した茜の祖母が、すぐそこまで来ていた事を。
 
 
おわり




目次へ戻る


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。