FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

13.舌で舐められ


 射精を経て小さく萎んだペニスが、シリコン製の貞操帯に収められた。
 やや窮屈に感じるが、それが余計に被虐感を煽る。
 茜は、貞操帯にしっかりと錠を掛けた後、それ越しにペニスを愛しげな手付きで撫でて言う。

「ふふ、これでもう自分の意思じゃおちんちんに触れなくなっちゃったね」

 拘束の定番、四肢の緊縛ではなく、ペニスの自由が奪われている。そのことに俺はドキドキと胸を鳴らすばかりだ。

「……今、どんな気分?」

「こ、興奮する」

「私も」

 そう告げて俺を見下ろして、茜は目を細めた。
 その艶っぽい目付きを受けて、男根は貞操帯の中で膨らもうとしている。
 もちろん、それは叶わぬことだ。
 痛みがじわりと下腹部から込み上げてくる。俺は小さく呻き声を上げた。

「勃起も出来ないなんて可哀想……」

「あう、うう……茜……」

「でも、外して上げない。可哀想な郡山くんを見ていると、とっても興奮するの」

 言うなり、茜は俺を押し倒した。
 カーペットの上で仰向けになった俺に、彼女が覆い被さってきた。
 頭を胸板に寄せて、ぴったりと身体を密着させる。
 胸の突起に吐息が触れるのを感じたかと思うと、すぐに湿ったものがそこに触れた。
 顎を引いてそこへと目を向ける。
 茜は、乳首に向けて舌を小さく伸ばしていた。
 舌先がチロチロとくすぐるようにそれを舐める。

「うっ……くうう……」

 切ないような疼きがそこから込み上げ、俺は情けなく呻き声を漏らした。
 そんな反応に興奮しているかのように、茜はより扇情的に舌を使って見せる。
 大きく口を開き、舌を目一杯伸ばして乳首を舐める。
 舌の表面の細かな凹凸が、敏感な部位を通り抜けていくのは、堪らなく気持ち良かった。
 何度かそうして大振りに乳首を舐められた。
 すっかり勃起してしまった俺のそこは、ジンジンと甘く痺れて止まない。
 それを今度はぱくっ、と咥えられてしまう。
 茜の柔らかな唇で胸を吸われると、俺は全身を大きく震わせて嬌声を上げた。
 貞操帯の中では、ペニスが内から拘束を破らんとしているかの如く、膨張を試みているが、それはやはり上手くいかず、痛みだけが俺を襲っている。
 それにも関わらず、我慢汁はしとどに溢れ続けていた。

「はあっ、あああぁっ……!」

 茜は口で片一方を責めながら、もう片方を指先で責めている。
 ぷっくりと膨らんだ乳首を指で摘まれ、潰すようにコリコリと転がされる。
 そこから込み上げる快感が、身体へ染み広がっていく。
 気付けば俺は腰を上下させながら喘ぎ、悶えていた。

「乳首だけでもこんなに感じちゃうんだね」

 茜は顔を上げてそう言った。
 先程まで口で愛でられていた乳首には手が添えられている。
 左右の乳首を両手で弄繰り回しながら、茜は言葉を続けた。

「そんなに乳首が良いなら、もうおちんちんいらない?」

 俺は腰をガクガクと震わせながら、何とか首を横に振った。
 そんな俺の反応に対して、茜は小さく笑みを漏らした。

「ふふっ……」

 笑みに込められた淫靡な嗜虐性を感じて、俺は頭がぼんやりとするような興奮を覚えた。

「もっと気持ち良くしてあげる」

 そう告げた後に、茜が身体を起こす。
 足元に回った彼女は俺の脚を持ち上げた。
 無論、女の子の腕力で強引に動かせる訳はないので、俺も彼女の意に沿って身体を動かす。
 持ち上げられた脚は、そのまま俺の頭へ向かった倒された。
 俺の身体は『くの字』を書くように、ちんぐり返しの格好にされていた。
 逆さになった俺の半身を、茜は自らの身体を密着させて支えながら、天を向く股間へ顔を寄せる。
 蟻の門渡りに吐息が当てられる。
 そのくすぐったさに、俺は身を震わせ、情けない声を上げた。
 茜はくすくすと笑みを零してから首を傾げた。

「お尻の穴まで丸見えだけど、恥ずかしくないの?」

「はっ、恥ずかしい……」

 俺がそう答えると、彼女は貞操帯に覆われたペニスの先へと手を伸ばした。

「恥ずかしいのに濡れちゃうの?」

 掬い取った我慢汁が、指の間で糸を引く様を俺に見せ付ける。
 
「あ、茜に恥ずかしいことをさせられると……興奮する……」

「そうなんだ。どうしようもないマゾの変態だね」

 茜は俺をそう罵り、片脚を器用に伸ばした。
 身体を回り込んで俺の顔に足を押し付ける。

「うっ、うう……茜……茜……!」

 羞恥を煽り立てるような格好をさせられ、顔を足で踏まれている。
 そのことにたまらなく興奮して、俺は彼女の名を呼んでいた。
 顔を踏んでいる足に舌を伸ばす。
 僅かに汗ばむそれを夢中で舐めていると、茜が動いたらしい。
 蟻の門渡りに何か柔らかく湿ったものが触れるのを、俺は認めた。
 すぐに舐められているのだと分かった。
 舌先でチロチロとくすぐるように、舐められている。
 こそばゆい。こそばゆいが、そこには快感を見出すことが出来る。
 俺は堪らず喘ぎ声を上げてしまう。
 大きく開かれた口に、茜はつま先を向けた。
 舌に触れた彼女の足指に、しゃぶり付く。
 ちゅぱちゅぱと音を立てながら、ペニスを咥える女の様に、足の指を丹念に舐める。
 茜は時折、くすぐったげな声を上げながらしばし蟻の門渡りを舌で責めていた。
 その内に、舌の矛先は睾丸へと変わっていった。
 貞操帯は肉の幹を覆うのみで、陰のうはさらけ出されている。
 茜は、そこへ舌を這わせたのだ。
 新たな刺激に俺は身悶える。
 縫い目のようになっている陰のうの中心に舌を這わされる。
 そうかと思えば、睾丸をちゅっ、ちゅ、と音を立てて吸われてしまう。
 俺は股間が彼女の唾液でぐっしょりと濡れていくのを感じながら、込み上げる快感に身を震わせるばかりだ。
 顔面に押し付けられた足裏へと奉仕する余裕はもはや残っていない。
 俺はただ、股間を茜にべろべろと舐められて悶えるばかりだ。
 たっぷりとそこを湿らす唾液が、逆さになっている身体へと流れてくる。

「ふうっ、う、ああぁぁ……」

 快感に目を白黒とさせる。
 貞操帯の中でペニスは激しく脈を打ち、甘く痺れている。
 そこへは刺激を与えて貰えない。自身で弄ることでも出来ない。
 なのに性感は絶え間なく次々と注がれている。
 官能的な拷問と言っても良い状況だ。
 俺はその事に堪らない興奮を覚えてしまっていた。被虐的な興奮だ。
 それに酔い痴れる俺へと、茜は一際強い刺激を与える。
 口に含んだ睾丸を激しくしゃぶられる。
 彼女の艶やかな唇に、睾丸が勢い良く出入りする。
 ちゅくっ、ちゅぱっ、ちゅうう。
 俺は甲高い声を上げて、身を激しく震わせた。
 背筋をゾクゾクとしたものが走り、頭の中は真っ白に染まっていく。
 ちゅぽんっ、と音を立てて茜が睾丸を解放した。

「はあっ、はああぁ……ああ、茜……」

 俺は酷く見っとも無い、蕩けた顔をしていることだろう。
 股間越しにそれを見下ろす茜が、扇情的かつ嗜虐的な笑みを浮かべていたのだから、きっとそうに違いない。

「ふふっ……気持ち良かった?」

 薄く笑みを描いた唇から放たれた、淫らな声音の問いに、俺は惚けたようになりながら、こくこくと頷いた。

「そう。……私も郡山くんのいやらしい声を聞いてたら、興奮しちゃった」

 彼女の言葉に、俺は胸をドキッと鳴らした。

「どれぐらい興奮しちゃったのか、知りたい?」

 そう問われて俺は、激しく首を振ると同時に声を上げた。

「し、知りたい」


14.狭間で揺れる肉欲


スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する