FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ギャル風淫魔にいじめられる包茎#後編

 
「最後の質問。おっぱい吸ってみたい?」

 視線は乳首に釘付けのまま、弘典は動きを止めた。
 三度目の質問に至って、玲奈は「大丈夫」と付け加えなかった。
 これが最後の分かれ道なのだろう。
 あの突起に触れたい、指先で転がし、舌で嘗め回し、吸い付きたい。
 そんな衝動に襲われながら、弘典は何とか自身をたしなめようとした。
 駄目だ、駄目だと言い聞かせる物の、視線はそこから外せない。
 傍らには狂った様に自慰に耽る同級生。
 淫らな喘ぎ声が頭に響き渡る。
 正面には、誘う様な笑みを浮かべ、乳房をさらけ出した玲奈。
 その舞台は、いつも授業を受けている教室。
 日常からかけ離れた、淫らな世界に飲み込まれている弘典に、まともな判断能力は残っていなかった。
 弘典は、本能に従い、玲奈の胸に飛びついた。
 乳首に吸い付くと、甘ったるい味が口内に広がった。
 
「淫魔の母乳は、精力剤であり、媚薬でもあるの。それも強力なね」

 玲奈の言葉が届いているのか、いないのか。
 弘典は必死に乳首を舌で転がし、吸い付き、溢れ出す母乳を飲み込んでいった。
 
「はぁ、はぁはぁ、美味しい、あぁっ……」

 口の端から真っ白な母乳がこぼれ落ちた。
 しばらくそうして弘典に母乳を与えていた玲奈だったが、彼の肩を押して突き放した。
 
「その辺にしておきなさい。川島もね」

 玲奈の呼び掛けに、川島は秘部を弄る手を止めた。
 
「誘惑に負けて破滅を選らんだ、哀れな童貞君に最後のプレゼント」

 川島が立ち上がり、愛液に濡れたピンクの下着を脱いだ。
 食い入る様に見つめていた弘典だったが、スカートに隠れ、その中身は見る事が出来なかった。
 玲奈は川島からパンツを受け取り、弘典の前で広げて見せた。
 
「ほら、大好きな川島の、いやらしいパンツはどう?」
 
 湯気が昇ってきそうな程に、彼女の体温と淫らな行為の証が残っていた。
 玲奈はしゃがみ込み、弘典にそれを穿かせた。
 ぬちゃぬちゃと粘度の高い愛液が弘典の股間を覆った。
 包茎ペニスはパンティーの上部からぴょこんと顔を出していた。
 弘典の身体は、あまりの興奮にぷるぷると震えていた。
 
「媚薬と精力剤をたっぷり飲み込んだ君には、これから快楽地獄を味わってもらうから」

 玲奈は制服の乱れを正すと、弘典を椅子に座らせた。
 興奮と母乳の効果で、何も考える事が出来ない状態だった。
 ぴくぴくと震える包茎ペニスに玲奈の指が伸びる。
 人差し指と親指を亀頭に添えると、一気に包皮をずり下ろした。
 我慢汁で濡れ光る、真っ赤な亀頭が露になった。
 包茎ペニスを剥かれる刺激は、弘典に途方もない快感を与えた。
 ひたすら玲奈の作り出す淫らな世界に晒され続けていた弘典の興奮は、最高潮に達し、あふれ出した。
 びゅるっ、びゅるるるっ。
 ペニスがびくびくと跳ね回り、間髪入れずに射精が続く。
 
「あっ、あぁぁぁっ!! あっ、あーっ! とっ、止まらないっ、あっ、あぁぁ!!」

 ピンクの下着からはみ出る包茎ペニスは、皮を剥かれただけで、イキっ放しの状態になっていた。
 射精が苦痛に変わっても、弘典の意思ではどうする事も出来なかった。
 弘典が座る机の周囲は、彼が吐き出した白濁液で汚れていた。
 玲奈はその様子に満足すると、教室を出た。
 数歩歩いた所で、教室の中から悲鳴が響いた。
 玲奈が術を解いた事により、弘典の姿を認識出来る様になった生徒が叫んだのだろう。
 楽しかった、と玲奈は呟き、舌なめずりをした。





 切れ長の目と、栗色の長い髪を持つ美女――青井雪子(あおいゆきこ)は、養護教諭だ。
 雪子が勤める学園には、保健室が二つある。
 どこにでもある、ベッドと薬品棚で構成された、ごく普通の保健室。
 校舎の設計ミスとされ、表向きには使用されていない、第2保健室。
 雪子が担当するのは、後者だ。
『呪われた地』とも『良くないものの通り道』とも噂され、淫魔による被害が後を経たない為、この学園には『淫魔専用の保健室』が存在していた。

 そこへ訪ねて来た一人の生徒を見て、雪子は深いため息を吐いた。
 
「ごめーん、ユキちゃん、喧嘩売られたから、一人ヤッちゃった。もちろん殺してはいないよ」

「またか……哀れな男子を殺したかどうかよりも、処理に追われる私の身になってくれ」

「それでも先生なの? ユキちゃん!」

 再び雪子はため息を吐いた。
 淫魔対策の一環として、学園側が打ち出した「共存支援制度」により、玲奈の世話が命じられていた。
 度々問題を起こす玲奈だが、明るい性格の彼女を憎めずにいる雪子は、仕方なく処理に回るのだった。
 
「後でお仕置きするからね。取り合えず、どこでヤッたのか教えて」

「やった! 私、先生のお仕置き大好き! いっぱいしてね!」

 雪子は心で舌打ちした。これだから、淫魔は、と。
 そもそもが、躾に淫らな方法を使うのが間違いに思われるが、仕方がないのだ。
 快楽以外に対する感度が著しく低い淫魔に、体罰や暴力は無駄だった。
 
「良いから場所だよ、場所。お仕置きじゃ済まなくなる前に、処置してくるから」

「はーい! 2年生の教室で――」

 淫魔と人との共存は前途多難である。
 
 
おわり。



関連作
包茎男子と淫魔#前編
淫魔の呪い#前編
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。