FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

11日目「意外な顛末」

 昨夜たっぷり搾り取られた俺は、気絶する様に眠りに着いていた。
 しずくに揺さぶられて目を覚ます。
 気だるい身体を何とか起こしぼやけた視界を映し出す目を擦る。

「……なにやってんだ? お前」

 しずくは意外な姿をしていた。
 半透明だった肌は、人間のそれと同じ色に変わっており、出会った当初の様な姿だ。
 どうしてそんな事になっているのか、すぐに分かった。
 右手首で光る腕輪の効果に他ならなかった。
 昨日の剣幕はどこへ行ったのか。
 若干不機嫌になりながらも、なんのつもりかと訊ねた。
 
「あ……うぅ……。だ、だって、こっちの方が気を遣わずに出掛けられると思って……」

 きまりが悪そうに答えるしずく。
 先日、結界を抜けて外に出たのも理由があるのだろうか。
 
「世界征服とかじゃないだろうな……?」

 首を横に振ったしずくは、ぼそぼそと何かを喋った。
 一体なんなのかと聞き返す。
 
「クレープ……!」

 頬を染めて、そう答えるしずく。
 更に詳しく聞くと、テレビで見たクレープの特集に感化されたらしい。
 
「だったら最初から素直に腕輪を受け取れば良かっただろう?」

「そ、それは、恥ずかしいし……」

 やれやれ。意地っ張りと言うか、何と言うか。
 
「で、俺を起こした理由は、連れて行けと?」
 
 しずくは、こくんと頷いて見せた。
 仕方ない。今日は平和にデートとしようか。
 

翌日の日記も読む

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。