FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

14.惨めに潰された男の象徴


 知奈は、樫田のペニスを踏み潰した。
 彼女の足裏と、自身の腹の間に挟まれたペニスが痙攣するのを樫田は感じた。
 熱く滾った男根は、敏感になっていた。
 ぐりぐりと足を捻る知奈の責めに身悶える。
 
「顔が緩んで来てるけど、踏まれて感じてるの?」

 彼女の表情に滲む嗜虐の色は、濃くなっていく。
 生殖器は踏み潰され、滲み出る性交を成す為の体液は、彼女を悦ばせるばかりだ。
 僅かに足を持ち上げると、我慢汁が糸を引いた。

「どうしようもない駄目ちんぽね……」

 知奈は足の指を器用に折り曲げて、包茎の先端を摘まんだ。
 足を上下に動かし、包皮を引っ張る。
 
「うっ、ああぁっ……くふっ……うう……!!」

 皮の中に精液を放ってしまわない様に、樫田は必死に耐えた。
 歯を食い縛り、全身を力ませる。
 樫田の身体には汗が滲んでいた。
 
「ちょっとは我慢出来る様になったみたいだけど……これはどうかしら?」

 知奈は我慢汁で汚れた靴下を脱ぎ捨てた。
 彼女の脚を包んでいた紺色の布が樫田の顔に乗せられた。
 自身の我慢汁に濡れているとは言え、知奈の靴下だ。
 樫田は興奮を覚えずにはいられなかった。
 
「はぁっ、はぁ、あぁぁっ!!」

 素足になった知奈は、足の親指と人差し指の間に、包茎を挟みこんだ。
 そして一気に、皮を剥いた。
 ぷりっと顔を出した真っ赤な亀頭は、一度痙攣してから果てた。
 びゅるるっと盛大に射精した。
 全身を震わせながら、樫田は快楽に屈した。
 
「ふふふ。剥かれて果てる程度よね。貴方の駄目ちんぽなんて」

 抵抗する気力も削がれたのか、樫田は仰向けのまま荒い呼吸を繰り返すだけだ。
 精を搾り取られ、ぐったりと垂れているペニスの計測が行われた。
 勃起時と同じく、数値は酷いものだった。
 




 チェックシートは全ての項目を埋められ、貝塚文子へ提出された。
 貝塚は、妖艶な笑みを浮かべて樫田の股間を軽く撫でた。
 
「君のこれ、こんなに小さかったんだ。ふふふ……」

 教室に、小さなせせら笑いが広がった。
 
「大きければまだ良い物の、粗末な物を膨らませる事ばかり考えて、恥ずかしいと思わないの?」

 樫田は貝塚の詰問に、否定的な答えを返した。
 そんなに卑しい事ばかり夢想しているのではない、と。
 だが、彼の性に関する情報は、全て貝塚の手の中だ。
 嘲る様な吐息も、この女教師が吐けば、妖しげだ。
 
「だったら、この射精回数は何? どうしたらこんなにちんぽ汁出せるの? 勝手に出てくるの?」

 樫田は何の反論も出来なかった。
 虐められて射精”させられた”と真実を話すのも、プライドが躊躇わせた。
 
「こんなにいやらしい事ばかりを考えているから、成績が悪くなるのよ。……授業中はペニスの様子を監視する事にするわ」

「えっ、そ、そんな……」

 貝塚に呼ばれて、知奈が席を立った。
 背後から手を伸ばし、ズボンのチャックを開き、ペニスを引っ張りだした。
 
「これから勃起をした場合、授業に集中してないものとみなし、お仕置きします」

 まだ若く、活力を持て余す男には辛い宣告だった。
 知奈が睾丸をやわやわと揉みながら、耳元で囁く。
 
「しっかり我慢しなさいよ」



15.勃起には厳しいお仕置きを


スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する