FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

19.指導室の淫らな一幕


「ふふっ。別に難しい事じゃないわよ」

 そう言うと、女教師は、樫田の顔を跨いだ。
 ストッキングに包まれた下半身が目に飛び込む。
 
「えっ、あっ、あ……!?」

 呆然とする樫田の顔に、ゆっくりと腰を下ろす。
 女教師の尻に圧迫され、樫田はジタバタと手足を動かした。
 呻き声を上げるも、貝塚が腰を上げる素振りはない。
 
「苦しい? でも嬉しいでしょ? たっぷり感じなさい」

 くっきりと浮かび上がった発情の証を見つめながら、貝塚は熱を込めて言った。
 性器を擦り付ける様に腰を振り始める。
 
「うぐっ、むうっ、せ、先生……!!」

 あまりの息苦しさに、動きを止めようと腕を伸ばす。
 半ば無意識に貝塚の太股を掴んだ。
 その手が、ぴしゃりと叩かれる。
 
「何をやっているの? 触って良いと言ったかしら?」

 樫田は抵抗を諦めて、ばんざいをする様に腕を伸ばした。

「良い子ね。ご褒美を上げるわ」

 そう言って、貝塚が前かがみになる。
 シャツのボタンを外されながら、樫田は女教師の香りにあてられていた。
 雌の香りは、どんどん濃厚になり、鼻腔をくすぐる。
 男としての本能を掻き立てられながら、責めに身を委ねるしかない。
 倒錯的な状況が、樫田の男根をますます硬くさせた。
 
「ふふっ……なぁに? どうしてこんなに乳首立ってるのかしらね」

 貝塚の指先がそこに触れると、痺れる様な快感が沸き上がる。
 ビクンと身体を痙攣させる。
 吐く息も、喘ぎ声も、全て女体に押し潰される。
 
「ん……はぁ……感じて来ちゃった」

 貝塚は身体を妖しくくねらせ、さらに過激に股間を擦り付ける。
 妖艶な女教師は、惜しげもなく淫らな欲望を曝け出していた。
 樫田にそれを認めさせたのは、鼻先に感じた湿り気だった。
 
(か、貝塚先生が……!!)

 興奮が最高潮へと駆け上がっていく。
 それは樫田に限った事ではなかった。
 艶っぽく息を吐く貝塚が、『69』でも行うかの様に、上体を倒した。
 ズボンのファスナーを細い指で開く。そのまま、パンツを下げて、陰茎を露出させた。
 ふぅ、と吐息を拭き掛けられると、樫田のペニスが脈を打った。
 貝塚が、鼻を鳴らして雄の香りを吸い込む。
 
「……樫田君、ここへ来る前にどこかで射精した?」

 生々しい性の臭いが漂っていた。
 腰を僅かに浮かせて、回答を促した。
 
「うっ、はぁっ、はぁっ……し、しました」

 荒い呼吸を繰り返しながら、樫田は正直に答えた。
 貝塚はそれを聞くと、すぐさま次の質問を投げ掛けた。
 どんな風に? と。
 樫田は言葉を詰まらせた。
 知奈に顔を踏みつけられながら、自分で扱き射精した。
 それが事実だったが、自分で言うには躊躇われる内容だ。
 貝塚は浮かせた腰を再び沈める。
 ぐりぐりとストッキング越しに、性器を押し付け樫田の呼吸を奪う。
 樫田がくぐもった呻き声を上げる。
 時間にして数秒の事だが、樫田を従順にするには十分な責めだった。
 
「ぷはっ、はぁっ、はぁっ、ま、松丸さんに、顔を踏まれながら、自分でっ、はぁ、はぁ、しました」

 そう、と短く答えると、貝塚は目の前でいきり立つペニスにしゃぶり付いた。
 ちゅぱっ、じゅるるっ。
 尿道に残った精液を吸い上げる。
 樫田は熱に浮かされ朦朧とする頭で、貝塚の行為について考えた。
 まるで他人の食べ残しを貪っている様な、浅ましさがある、と。
 色気に満ちた成熟した女性が、下品な行為に耽っている。
 樫田のペニスに、込み上げてくるものがあった。
 射精が間近だと言うのに、貝塚はフェラチオを中断して、立ち上がった。
 衣類の乱れを整えながら、樫田を見下して言う。
 
「次からはもっと素直になりなさい。そうしたら、ね」

 貝塚が、意味深な笑みを浮かべた。



20.変化の始まり#前編


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する