FC2ブログ

ぷるんぷるるん

女の子に気持ち良くいじめられるM男向け官能小説公開中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

21.変化の始まり#後編


 初めて見る顔だった。
 樫田は慌てて股間を隠した。
 にこやかな笑みを浮かべた可愛らしい美少女だ。
 一糸纏わぬ姿の彼女に、樫田は顔を真っ赤にして後ずさった。
 彼には目もくれず、若菜に駆け寄る。

「こんばんは、先輩!」

 浴室に現れたのは、同級生ではなかった様だ。
 彼女の名は、荒谷悠(あらたに ゆう)。
 美しさよりも、可愛らしさの際立つ、童顔の美少女だ。
 
「なんだ、荒谷。今は包茎野郎を風呂に入れる時間だぞ」

 若菜の言葉を受けて、ようやく悠の注意が樫田に向いた。
 
「へぇー。この人が噂の……。ね、手、どけてください」

 強引に腕をつかまれ、樫田は股間を露にさせられる。
 目の前の裸体が眩しく、抵抗する余裕はなかった。
 ほんのり膨らんだ胸の頂点で、薄く色付く突起が気になって仕方ない。
 
「うわー……本当に小さいしすっぽり皮被ってる……。これ勃起してるんですよね?」

 大きな瞳が、樫田の顔を覗き込む。
 全裸の悠を前にして、興奮状態にある彼には、侮蔑的な言動を快楽と受け取ってしまう。
 ペニスが熱を帯びて、ジンジンと疼くのを感じる。
 
「やめとけ、荒谷。ザーメンぶちまけられるぞ」

 若菜がどこまで本気だったかは分からない。
 たしなめる言葉に悠は無邪気な笑い声を上げた。
 付け加えて、元気な返事をして若菜の下に戻った。
 ほっと安堵の息を吐く樫田だが、その下腹部は臨戦態勢を取っていた。
 いいなぁ――若菜の横に座った悠が、うっとりした声音で言う。
 
「私も男の子を虐めながら、楽しい学園生活を送りたいです」

 夢見心地でそんな事を語る悠に対し、若菜が何かを言い掛けた。
 悠がそれを遮る。
 
「若菜先輩も言ってたじゃないですか、いい年した大人になってからこじらせるより、今の内に好きな事をしとけ、って」

 二人の美少女が交わす言葉を、少し離れて聞いていた樫田は思った。
 その持論を体現する一つが、頭髪の色なのだろうか、と。
 
「あっ、そうだ。お子様ペニス先輩っ!」

「えっ、あ、お、俺?」

 樫田は、不意に呼ばれて呆けた様な声を上げた。
 
「好きな子って居るんですか?」

 話題のころころ変わる子だ、と樫田は思った。
 質問に対しては言葉を詰まらせてしまう。
 好きな子――。
 
「なんだ、こんなヤツが好みなのか?」

 若菜がニヤニヤと笑みを浮かべて悠に問う。
 樫田は淡い希望を抱かずにはいられなかった。

「いいえ、全然」

 一刀両断だった。

「ただ、こういう人って、気持ち良くしてくれるなら、誰でも良いのかなーと思って」

 悠の何気ない疑問には、考えさせるものがあった。
 ――それではあまりに情けない。
 しかし、樫田はその情けない状態に置かれている。
 俯く樫田に代わって、若菜が言葉を発した。
 
「そりゃあ、そうだろう。人の顔色うかがって、尻尾を振るみたいに、ちんぽ丸出しにするヤツだぞ?」

 放課後の一件が、若菜の目にはそう映っていたのかと、樫田は凹んだ。
 浴室で交わされた、二人の言葉が、彼に降り掛かる試練を暗示しているとは、誰も思わなかった。
 樫田に決断の時が迫る――。
 


22.新たなプログラム


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。